わんこと海とオイシイものが大好きな、進化系コブタdiverの生存確認ページ


by neoneopiglet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

犬のリュウマチ③

d0020291_23145475.jpg

6月下旬、3度目の血液検査では気になっていたある数値がゼロになった
体内の炎症が無くなって、関節の水も減った 本当に薬が効いたんだね
薬の量を減らし、2週間、朝だけステロイドを飲む

薬の量が減ったおかげで、のどの渇きは半減して、つまりおしっこの量も半分になった
水で薄められて透明だったおしっこは、やや黄色味を帯びてきたよ

走ったり跳ねたりじゃれたり、まるで2才犬の時のような身軽さで過ごす
ベッドに飛び乗ることこそ無くなったものの、毎晩一緒に寝ていると朝はベッドからピョンと飛び降りる
玄関でごそごそ音がすれば敵の来襲(笑)に備えて、ワンワン吠えまくりカチカチ爪を鳴らして廊下を走っていくし、台所に人が入ればすぐさま足元にまとわりついておやつが落ちてこないか見上げているし、ワタシが2階へ行こうと立ち上がればすぐさま後をついてきて抱っこをねだるし
ふふふ♪

痛みをかばって前足がねじれそうになったり後ろ足が細かく震えたり、力が入らないのかすぐに座ってしまっていたり…
よろよろと老犬のように過ごしていたのが本当に嘘みたい

7月から薬の摂取は1日おきになっている
はなは、全く健康な犬にしか見えない 
今もリュウマチだなんて信じられない
8月の先日の診察では、血液検査の数値がさらによくなっていた

はなが元気にしていると、本当に嬉しい 
ついつい笑顔が出てしまうし、ワタシも元気になれる

先生いわく「飲み初めに効きがいいと、のちのちの症状が楽」らしい…
でもね、リュウマチに限らず、長期の薬を摂ると内臓への負担が怖い
また3週間後に診てもらいにいくけど、経過良好でありますように
これからもちゃんと医師にかからにゃね

はながずーっと楽に生きていけるように、これからもしっかり見てあげなきゃ
元気なはなを見ていたい
ずーっとそばで一緒に過ごしていきたいよ
d0020291_2312100.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2008-08-12 23:10 | わんこ