わんこと海とオイシイものが大好きな、進化系コブタdiverの生存確認ページ


by neoneopiglet
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
d0020291_16405832.jpg

ミニチュアダックスのはなは、7才になったよ

あいかわらず、1日おきに1錠・半錠と交互に、リュウマチの薬を飲み続けている
今までは1ヵ月半分の薬をもらいに行ってたのだが、先日の診察で医師が「次は3ヶ月後でイイですよ」って
容態が安定しているからね うんうん♪

でも、ヘルニアの因子を抱えているのも変わらずで、ソレはいつ発症するやもわからない
先日原因がわからず日に2-3度小さく吐くことがあって診察してもらったときに(胃薬を数日飲んだら落ち着いた・・・)、レントゲンを撮ったらやはり骨と骨の間が白く硬化している部分が2か所あった
医師は「ヘルニアは若い子が成りがちなので、7才ならそろそろだいじょうぶかなあ」と言ったけど、腰や背中に負担がかかる運動はさせないように気をつけて日々を送らねば
が、相手はいまいち意志の疎通ができないわんこだからなあ… テンションが上がるとすぐにぴょんぴょんジャンプしたりしてね、心配の種は続くのだ
d0020291_16425167.jpg

秋には太ってきてしまったので、ダイエットとしてえさを少し減らしてたの
そしたら体重がぐんぐん減って、5kgオーバーから4.6kgくらいになって、背骨が浮き出てくるほど痩せてしまって
医師に診せたら、「病気はないですよ、えさの量で食事を決めるのではなくカロリーが足りてるかを確認してください」とのこと
えさの袋を見てみたら、ややカロリーオフの商品だった…
ちゃんとそこ子に合った栄養のえさを与えてあげないとダメだよね
ごめんね、はな
いまはちゃんと考えてえさをやっていて、体重は4.85kgくらい
ちょうどイイ感じだあ

大事にするからね、ずっと一緒にいようね、はな
d0020291_1643374.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2010-03-04 23:26 | 日々

春のはな

どアップはな
d0020291_20405193.jpg

寒がりはな
d0020291_2041221.jpg

なあに?
d0020291_20432445.jpg

つちのこはな
d0020291_20433423.jpg

おばさんはな
d0020291_2043455.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2009-04-24 23:37 | わんこ

ジョア

d0020291_2075769.jpg

ジョアをもらったよ
もちろん中身はちょっぴりだったけどね
奥のほうまでなめたくって、いれものをかじったよ
丸いいれものだって、上手に押さえれるの へへー
d0020291_2081045.jpg

ペロペロペロペロ とってもおいしいね
ワタシの舌がこんなに長いってコト、知ってた?
d0020291_2082152.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2009-03-20 22:07 | わんこ

6才わん

d0020291_19331076.jpg

はなわんこは6つになったわん
5つの時よりだいぶ毛が抜けちゃったよ
リューマチのおくすりをちゃんと飲んでるから、あんよはちっともいたくないよ
秋にちょっぴり腰が痛くなったときにレントゲンを撮ったら、ヘルニアの因子があるから発症しないように大事にしなさいって言われたの
飛び上がったり立ち上がったりするのは大好きなのに、ダメー!っていっつも怒られてるよ
d0020291_19332478.jpg

寒いときはお洋服を着せられるけど、あたたかな日向ははだかでもへーきだよ
新しいふわふわのカーペットでうとうとするのが、最近のお気に入りだわん☆
d0020291_19334282.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2009-02-20 18:12 | わんこ

いつか

d0020291_220322.jpg

りくちゃん、いちど会いたかったな

体の大きさも毛の色も足の長さもまったく違うワタシたちだけど、きっとガールズトークが弾んだと思うの
一緒に走りまわったり、黒いお鼻で押しあいっこしたり、くっついてお昼寝したり
短毛わんこ同士、うんとかわいがってくれる潮の香りがするママがいるわんこ同士、なんでも食べちゃうわんこ同士、気があうコトがイッパイだったと思うの
d0020291_2234228.jpg

りくちゃんは優しいまんまるな目をしてるって、うちのママが言ってたよ
お顔を両の手で包んで嗅ぐ彼女の眉間は、草や土やお日さまや大好きなわんこの香りでほんのり暖かいんだって
ほんとうにもう会えないのかなって さみしいなって
d0020291_1513799.jpg

りくちゃん、ママやお友達やワタシたちわんこを見守っていてね
いつか会えたら、そしたらいっぱい遊ぼうね きっとだよ!
[PR]
by neoneopiglet | 2009-02-09 01:49 | わんこ

2009年~♪

d0020291_18471840.jpg

冬休みは9日間だった
いつのまにか大晦日を向かえ、のんびりしていたら、いつのまにか日常がやってくる
長期のお休みの全てには予定を入れないで、のんびりぐーたらする日を必ず作るでしょ?
そんな日が大好きで… おやつかごにお菓子とみかんを盛ってから、牛乳たっぷりの甘いコーヒーを用意して、日向でひたすら本を読み、はなを庭で遊ばせて、一緒にお昼寝~
充実した気持ちになる、ウレシイ日 ふふ♪

地元で過ごした分、ツレや妹家族との外食が多かった
焼肉、すき焼き、パスタ、台湾料理…
ホットヨガに3回行ったけど、カロリー激摂取な体には効果なしだあ

初詣は、高蔵寺と五社大明神へ 近すぎだあ、笑
どちらも20年ぶりくらいに出かけたのだけど、快晴の午後は数人しか参拝者もおらず、うっかり昼寝できちゃいそうにくつろげて、なんだか良かったよ

お正月の名駅はなんだか華やかだった、でも混んでるのはイヤ
タカシマヤデパ地下浪越軒で11個入777円の詰め合わせを買う
かわいらしいさに目で楽しめるし、味も悪くない
d0020291_19261781.jpg

指2本半分ほどの小さなサイズだから、ひとつじゃお腹は満足しないの
上の段左から2番目の草餅と、中の段右端のピンクのもっちりしたのと、下の段左端の桜餅と、お隣の丑ちゃん、4つを食べて、やっと箱のふたを閉じる気になったよ
干支の丑の説明にはミルク餡とあったけど、ミルクはあんまり感じなくて、さっぱりな白餡だった
d0020291_1926457.jpg

いちばん遠出したのはなばなの里だよ
夕方から出かけて、イルミネーションを観にいった
d0020291_19395873.jpg

目線を遠くにしたり近くにしたりぼんやり見たり やっぱ綺麗だ
d0020291_19424133.jpg

今年も光の回廊は人気 花びら型のライトはカワイイのだ
d0020291_19421866.jpg

みんなが刻々と変わるイルミに見とれてた
めちゃ混んでたし激寒だったけど、足湯に30分も入って暖まれたし
来て良かったー また次の冬も… 
d0020291_19403065.jpg

仕事始めの日、支店全員で参拝した若宮八幡社で、あさちゃんとりこちゃんとおみくじをひいた 大吉だった むふ
まるで鈴彦姫を呼べそうな音色のカワイイ鈴がついていて、3人でおそろだね♪
みんな、涙はちょっと笑顔はいっぱいで過ごす2009年になるとイイわんねー
d0020291_1964632.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2009-01-05 23:43 | 季節photo

今年もオワリ

d0020291_16524057.jpg

2008年、
またも海の仕事に関わることが出来たし、
新しく出会えた2人の人に勉強させてもらったし、
たくさん活字を追うこともできたし、
美味しいモノにもイッパイ出会ったし、
甥がすくすく育ちつつある中、姪が産まれたなあ
はなは腫瘍の再手術をしてリューマチの治療を受けたよ
平凡な時間の中にも、喜怒哀楽があったなあ

年々、情緒が不安定になる時期の間隔が、短くなっていく気がする
本当のところはどうなのか解らないけど、そんな気がする
ソレがいいのか悪いのかも解らないけど
楽しいときと楽しくないとき、気力があるときとないとき、の差が激しい気がする
たまたま、自分をコントロールするのが難しい時期なのかなあ

ぐーたらな性格はこのままだけど、なにかにつけ向上心を持って過ごせるといいな 好奇心を持つコト、ソレを好きになるコト…

来年も再来年も、こんなカンジで、まあなんとなく日々を経験を積み重ねて
そうして過ごして、過ぎていくんだろう、ね

この世にある全ての命が、幸せでいられる2009年でありますように☆
d0020291_16531352.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2008-12-31 07:51 | 日々

犬の腫瘍②

d0020291_2332210.jpg

翌朝、はなは部屋中をタッタカタッタカと歩きまわった 良かったあ!
ぐるぐると胴体を大きく巻いている包帯が痛々しく、前足を高くは上げないけど
食欲もちゃんとあるし、吠えるし、跳ぶし… 
え~!? もうちょっと安静にしてほしいわあ!

包帯を巻いたはなは、でっぷりして見える
黒い毛を覆う白い部分はまるでパンダのようだ パンダ犬、はな☆

翌々日、仕事から帰ったら、はなの包帯がズレている、っつーか適当に巻かれていた
なんでも昼間に雷雨があったらしく、雷が怖いはなは暴れたのか走ったのか掻きむしったのか!?
自分で包帯を取ってしまい、りが気づいた時にはお尻と後ろ足まで包帯がズリさがり、引きずって歩いていたという 汗
んもー! 傷が開かないように、汚れないように、って巻いてあるのに!取っちゃダメじゃん!
お尻をぺんこして、きつく怒る 一度包帯を全部外してから、丁寧に巻きなおす
ったくーわかってんのかなー わかってナイだろうなあ
d0020291_2334728.jpg

前回はまっすぐな5cmほどの切り口で腫瘍を取ったが、今回は腫瘍とその周りも切り取って、10cm弱の縫い目になった
胸から腹まで毛をそられて、白く柔らかい肉を縫われている
しかも乳首を2つも取ったので、引っ釣れた傷は大きく、本当に痛々しい

手術から毎日薬を飲ませた 
経過は良好で、食欲はあるし、昼も夜もよく寝る
抱き上げる時は傷に触れないように、そーっと抱えた
前足の動きもだんだんとスムーズになってきた

約2週間後には抜糸をしてもらった
はなをあおむけに押さえつけて、先生はぷちんぷちんと21針分の糸を切る
傷口はしっかりくっついていてキレイなものだ

糸を抜き、かさぶたや汚れを丁寧にぬぐう
消毒薬に浸したガーゼで縫い目をなぞる先生を、ちらと見上げながらはなはぱたんぱたんと大きくしっぽを振った
縫い目のまわりを目と指で確認してもらう間には、はなはぱたぱたと小さくしっぽを振った ふふふ、かわいー子
前回の手術のコト、今回の手術のコト、これからのはなの人生…
いろいろが一瞬で頭を巡り、やっぱり涙が出た

検査に出してあった腫瘍細胞の検査結果は、良性だった!
今回も 心から安堵のため息が出た

数年後、また腫瘍が再発するかもしれない
もっと痛くてもっと辛い思いをさせることになるかもしれない
そんなの絶対に絶対に嫌だけど、もしそーなっちゃったら、できることは全てやってあげよう
はなのためにワタシの全てを注ぐよ

大好き、はな☆ ワタシはずっとはなのそばにいるよ
d0020291_2345985.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2008-09-30 23:59 | わんこ

犬の腫瘍①

d0020291_22531953.jpg

H20.8月、はなの胸の腫瘍に気づいた
1年前に切り取った腫瘍と同じ場所に、再発した 再発してしまった

先生にも再発の可能性は聞いていたし、ある程度の覚悟はしていたものの、やはり見つけた時はひどくショックだった
ソレはちょっぴり大きくて、数も増えていたしね

リューマチがやっと落ち着いてきたところなのに!
なんではなばっかり、こんなことになるんだろう、痛いことばっかり続いて… 
不憫で、悲しくてしょうがない


久しぶりに茶屋ヶ坂動物病院のM先生の顔を見た
診察して、即手術しましょうとのこと 
覚悟はしていたけど、やっぱりかーと思った 1週間後に予約を入れた
不安がない訳じゃないけど、きっとまた親身にしてもらえるはず


手術当日は、昼に病院に連れて行き、夕方手術して、麻酔の醒めが良かったので夜9時には退院した

お迎えに行ったワタシの顔を見た途端、はなはべったりとくっついてきた
麻酔が残っているのか足元がややふらつく
しっぽをブンブンふって、胸の傷が痛むはずなのに、一生懸命ワタシに抱き上げてもらおうとする
胸に近い前足を動かすと痛むだろうに、あんまり高く上がらない前足をあげて、ワタシの肩に登ろうとする

まっ黒なはずの鼻の頭が、ピンクになっていた
手術前に入れられていたゲージの中でひどく不安な時間を過ごして、外へ出ようとぐいぐい鼻を押し付けていたんだよね 
毛が擦り切れてピンクの皮膚が見えてしまったんだね
痛くて辛くて淋しくて不安にさせて、ごめんね
d0020291_22535047.jpg

帰宅後は、ぐったり&うわの空ってカンジでいた
家中をよちよちふらふら歩いて匂いを嗅ぎまくって、異常がないか点検していた
お外から帰ると、いつもそうするもんね
水を飲んで、トイレをしてくれて、ほっとする
しばらくうろうろしてから、ぱたん、とみかんベッドで横になった

はなのみかんベッドの脇に布団を運んで添い寝しようとしたら、いつもどおり布団に乗ってワタシの足にくっついてきた
傷が痛むだろうし、寝つけないのか、小1時間ほど寝返りを打ったりクゥクゥ鼻を鳴らしていた
やっと寝てくれて安心して、でも夜中に何度も目を覚まして様子を伺った
前とは違う抗生剤を出してもらったので、夜中に起きて吐くこともなかったし、大丈夫そう
それからは朝まで一晩ぐっすり寝てくれたみたいでほっとした
d0020291_22541620.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2008-09-29 23:25 | わんこ

犬のリュウマチ③

d0020291_23145475.jpg

6月下旬、3度目の血液検査では気になっていたある数値がゼロになった
体内の炎症が無くなって、関節の水も減った 本当に薬が効いたんだね
薬の量を減らし、2週間、朝だけステロイドを飲む

薬の量が減ったおかげで、のどの渇きは半減して、つまりおしっこの量も半分になった
水で薄められて透明だったおしっこは、やや黄色味を帯びてきたよ

走ったり跳ねたりじゃれたり、まるで2才犬の時のような身軽さで過ごす
ベッドに飛び乗ることこそ無くなったものの、毎晩一緒に寝ていると朝はベッドからピョンと飛び降りる
玄関でごそごそ音がすれば敵の来襲(笑)に備えて、ワンワン吠えまくりカチカチ爪を鳴らして廊下を走っていくし、台所に人が入ればすぐさま足元にまとわりついておやつが落ちてこないか見上げているし、ワタシが2階へ行こうと立ち上がればすぐさま後をついてきて抱っこをねだるし
ふふふ♪

痛みをかばって前足がねじれそうになったり後ろ足が細かく震えたり、力が入らないのかすぐに座ってしまっていたり…
よろよろと老犬のように過ごしていたのが本当に嘘みたい

7月から薬の摂取は1日おきになっている
はなは、全く健康な犬にしか見えない 
今もリュウマチだなんて信じられない
8月の先日の診察では、血液検査の数値がさらによくなっていた

はなが元気にしていると、本当に嬉しい 
ついつい笑顔が出てしまうし、ワタシも元気になれる

先生いわく「飲み初めに効きがいいと、のちのちの症状が楽」らしい…
でもね、リュウマチに限らず、長期の薬を摂ると内臓への負担が怖い
また3週間後に診てもらいにいくけど、経過良好でありますように
これからもちゃんと医師にかからにゃね

はながずーっと楽に生きていけるように、これからもしっかり見てあげなきゃ
元気なはなを見ていたい
ずーっとそばで一緒に過ごしていきたいよ
d0020291_2312100.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2008-08-12 23:10 | わんこ