わんこと海とオイシイものが大好きな、進化系コブタdiverの生存確認ページ


by neoneopiglet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

タグ:タツノオトシゴ ( 4 ) タグの人気記事

2008.6 第4週目 越前の海

土曜日

奈良のMさんとマンツーマン
晴れ~くもり ベタなぎ うねりなし 水温20.3~20.8度 透明度8~10m
テトラ横の茶色タツは完全に居ついたよう

1DIVE 壁石浜 第一トンネル、砂地、ベンチ 43分
王道コースをまわる ドコにでもユビウミウシがいた
のんびり浮遊を楽しんでみえた

2DIVE 壁石浜 大岩まわり、たてわれ、砂地 49分
砂地周りを大きく巡る 
うねりが無くなぎだったので、久しぶりのたてわれは潜りやすかった


日曜日

小雨~雨~くもり 湾内はなぎ 沖は風波 うねりなし 
水温20.5~21.0度 透明度8~12m
石川のHさんとマンツーマン 背が高くてがっちりなのに、潜り終わってみればワタシより20~30ほどもエアが残していたHさん ゲストの男性で、ワタシよりエアを残す方に初めて出会った! しかも結構年上なのに! スポーツ心臓 恐るべし!

1DIVE オレンジバケット、桃源郷 54分
今年から砂地に設置された、オレンジバケット☆
初めて行ったけど、案外分かりやすい場所だったあ
これからどんどんお魚たちが住み着いてくれたらイイなあ
桃源郷のある岩にびーっしりと着いているムツサンゴがキレイだよ
お魚、ウミウシ、カイメン、海藻、貝類の全てに興味を示すHさん、越前で潜ってコレだけ生物に興味を持つダイバーさんは多くないと思う なにげにワタシも楽しませてもらっちゃった

2DIVE 壁石浜 トビラ岩、砂地 63分
砂地では5cmほどのヒラメが数十匹
ホンダワラ畑でアオリイカ卵を探しまくるが見つけられず
死骸は見たが… きっと産卵を終えて寿命を迎えたのねー

学生さんの団体でニギヤカな週末だった
協力して準備したり、上下関係が厳しかったり、指導したり教えあったり、おしゃべりしたり、雑魚寝したり、お誕生日ケーキ食べたり花火してたり、恋愛もあったりなかったり!? あー、若いってイイなあ…
きっと記憶に残る海・夏になるだろうね 超楽しそうだったわ~☆
[PR]
by neoneopiglet | 2008-06-29 23:48 | ご近所・本州divingとか

2008.6 第3週目 越前の海

d0020291_033023.jpg

日曜日

SAKIちゃんと2人☆早朝ダイビング~
小雨、くもり 凪、うねりなし 透明度8m 水温20.8度 

静まりかえった壁石浜は気持ちイイ 5:30起きは大変だけど、水中に入った途端に頭は自然と切りかわってなんだか楽しくなっちゃうー
ふだんダイバーの通り道になっている場所には、スズメダイやウミタナゴが集まって浮遊している
二人でタツノオトシゴを探して、白タツ1個体・茶タツ2個体に出会えた
BOSSいわく「春からずっといる子」らしいが、ワタシは今季初~やっと会えた♪
タツを探すためだけに潜ったので、3個体見られて大満足 24分でEXIT

曇っていたり小雨が降っていて、一日中凪いだ海だった
桃源郷やアゼグリボートに行った子から、場所によってはとっても青くて透明度20m!と聞いた
とってもいい潮当たりだったんだね
午後には風は吹き始め、夜には雷雨だった
昨夜は眩しいほどだった漁火も、この夜は3つ4つだけだった

今日は、早朝ダイブの後に2ボートダイブのガイドをする予定だった
が、不徳のいたすトコロにより、丸一日事務所番をさせてもらう
かわちゃん、SAKIちゃん、BOSS、本当に迷惑をおかけしました
ガイドのお仕事をする為に呼んでもらってるのにぃー
何やってんだ!?ワタシのバカ! 怒 
今日みたいなコトは、プロになって数年…ハマトミ歴4年目にして初めてのコトだった 涙
みんなの優しいフォローはありがたかったけど、事務所仕事はそれなりにやりがいはあるけど、本来の海仕事ができない自分が情けなかった 
自己嫌悪 もう二度と同じコトがないようにせねば 
こんなレベルのワタシなんぞをおいてくれる、ハマトミBOSSに改めて感謝なり

普段の事務OLはお金を得るためだけにやっているお仕事だから、どんなに理不尽だろうが無感情で仕事をこなして、結果トウゼンの報酬を得る
ダイビングのガイドは体力的にも精神的にも負担が大きいしゼーンゼンお金にはならないけど、やりがいやありがたみがついてくる
ひとくちにお仕事といっても、向き合う気持ちは全く違うんだもんね

ワタシはワタシだけの経験しか無いし、考えは底が浅くて、傍から見たら空回りしてだけかもしれない
これからも失敗したり、みんなに迷惑をかけると思う 精進あるのみだー
しんどくても、ダイビングを辞めようとは思わない 今はまだ前だけを見る!
ハマトミ関係者様、これからもがんばりまする よろしくデス。。。
[PR]
by neoneopiglet | 2008-06-23 23:49 | ご近所・本州divingとか

8月突入~ 真夏の海

始まりは、台風5号の名残が尾をひいて、ぬるい風が吹きうねりが続いている
翌日はうって変わって、いかにも夏日 ゲストのテンションも上がる

土曜
朝からスタッフもゲストも様子見しかできずに、うろうろ
SAKIちゃん、と~ちゃん、もう一人のスタッフと一緒にチェックダイブに入る
テトラ内も、ロープ沿いに砂地に出ても、うねりがある
透明度は5m、水が妙に青く澄んで変な感じ
11時過ぎにようやくGOが出た

1DIVE
壁石浜 砂地
水温25.7度 透明度5m 46分
豊田のAさん、名古屋のMさんご夫婦 常連さんたちと
たまに大きなうねりが来るので、北端のロープを離さないようにと強く注意をして、砂地へ
マダコを岩の隙間に追い詰めたら、体色をグルグル変えていた
イカにも負けてない、見ごたえあり!
うねりがキツく、Mさんご夫婦はちょっとメゲてしまう
明日も予定があるので、今日はコレ一本で終了

2DIVE
壁石浜 岩場・砂地
水温25.7度 透明度6m 57分
Aさんとマンツーマン
基本平日にいらっしゃるゲストなので、週末非常勤のワタシがガイドにつくのは初めてだー
普段はカメラでお魚撮影や、ウミウシを見るガイドをしてもらっているようだけど、浮遊してのんびりするのが一番好きとのことなので、うねりが落ち着いてきた砂地でいろんなポーズで浮遊してみたり

そして、夜は☆テラスカフェバー☆
今年は2回目 去年の好評もあり、スタッフは気合が入ってる
初めは人影もまばらだったけど、1時間もたつと席はイッパイに♪
アワビが焼けたらにんにくバターを乗せて、サザエは醤油の焦げるイイ匂い、賑やかなショップの団体さん、はしゃぐお子ちゃまたち、個人のゲストさん同士がゆっくりおしゃべりできるのってイイねえ
ビンゴが始まると、誰も想像しなかったくらいに大盛り上がりだ~
あちこちで番号を繰り返す男子の大声と、みんなの嬌声が上がる
働いているスタッフも、ゲストの笑顔を見てたらほんとーに楽しいの
途中、雷が鳴り豪雨になった うわあ…でもみんなのテンションは下がらず
ラストはBOSSのお誕生日会になり、ケーキとメッセージのプレゼント
ここまで来たら張り詰めていたBOSSの気力と体力の限界が…
お疲れ様でしたあ☆

ゲストが旅館へ引き上げた後の、大雨の中の片付けは悪夢のようだった
どーーーっと疲れが出た 布団に入れたのは2時すぎ…
でも、今年もイベントが無事に終わって本当によかったね♪

日曜
朝から雲ひとつない快晴! 暑い暑い一日になった
1DIVE
壁石浜 第一トンネル・砂地
水温24.9度 透明度7m 57分
Sさんご夫婦、Hさんご夫婦、Kママさん
Kパパさんはカワイイ姉妹と海水浴でお留守番
Hさんのフロートを使う練習をする 来週ラパスに潜りに行くそうで…
アシカと一緒に潜れるなんて!超羨ましいねえ
砂地でアシストのと~ちゃんに「バブルリング講座をしてください」ってスレートに書いたら、「今!?ここで!?」という顔をしつつ、きっちりまん丸お見事なバブルリングを披露してくれたよ ありがとです

2DIVE
壁石浜 岩場・砂地・たてわれ
水温25.7度 透明度6m 56分
トンネルの出口、目の前の岩でマンリョウウミウシが産卵中
グーサイズのウミウシと白いフリフリリボンの大きな卵塊♪
頭上に太陽が来る時間に、たてわれに到着
素敵に眩しいスポットライトが穴に差し込んでいたよ♪
Kママさんは超マクロ目 いつか二人でマクロ三昧したいですねえ
ゲストさんが薄茶色の6cmちびタツ、超ちび4cm白タツを見つけてくれた
今まで見たタツノオトシゴの中でダントツかわいかった!
Yさん、Kママさんありがとう☆

3DIVE
壁石浜 岩場・砂地・浅場
水温25.9度 透明度5m 44分
Kママさんがお留守番をして、Kパパさんとマンツーマンダイブ
マクロが大好きだということで、生物探し
ウミウシ、コケギンポ、イシダイは立派に成長中…
お一人だと自由が利くので、のんびりあちこちを見てもかなり移動できた

今回もいっぱいゲストさんたちに助けられた
みなさんの好奇心、みなさんのマクロ目(2DIVEで6匹見たけどワタシが見つけたのは2匹…汗)、みなさんの海を楽しむ意欲…
ワタシの仕事が成り立つ為に必要なものたち ありがとです 感謝☆★
[PR]
by neoneopiglet | 2007-08-08 23:23 | ご近所・本州divingとか

ごぶさた、越前

越前で潜ってきた
コゲそうに太陽が照り、風は涼しく、超快晴
SAKIちゃんが3名のガイドだったのでアシストにつかせてもらう
初funの方、初ドライの方、写真撮影の方と、のんびりゆったりダイブ

1dive
壁石浜 砂地
水温21.3度 透明度8m 44分
6月初めに潜った時のようなホンダワラ林は消えて、すごく視界がいい
お魚も増えてきた 
今日、目についたのはタツ、マアジ、チャガラの超チビ2cmの群れいっぱい、ちびヒラメ、コウイカなど
ウミウシもちらほら 
アオウミウシ、シロウミウシ、アズキウミウシ、クロミドリガイ、クロシタナシウミウシ、クロヘリアメフラシは大きな子はいなくなって1.5-5cmほどの小さいサイズ ウミフクロウは越前で初めて見たー☆ 2cmと小さく透明ちっく

2dive
壁石浜 第一トンネル
水温21.0度 透明度7m 49分
テトラ北側の浅場はすくすく育ったアオサが絨毯のよう
トンネルまわりは透明度が上がって気持ちよい
最後にタツをもう一度見てEXITした

ゲスト一人ひとりに気を配り、丁寧なガイドと楽しいおしゃべり
当たり前のコトかもしれないけどソレをきっちりできるSAKIちゃんはダイビングガイドの本当のプロだ!
お仕事モードの雰囲気で、また勉強させてもらいました 
ありがとう、SAKIちゃん☆ 体冷えてたけど風邪ひかないでね

3dive
壁石浜
水温21.0度 透明度5m 50分 午後も遅くなりだいぶ濁ってきた
ボスがマンツーマンでタツノオトシゴスペシャルガイドをしてくれた

茶タツは海藻のかたまりや奥や岩陰の藻に付いていて、自分では全然判らなかった 汗
子を持つタツは神経質で用心深く、よく移動するらしい
去年の夏にタツ(子を持たない)をよく見た住み心地の良さそうな環境とは全然違うところにいるんだなあ
肉食だから栄養をつけるためにしっかり食事を摂らねばね
うねる海藻につかまるタツも常にうねっている、寄れないし撮れないよぅ

白タツ 育児嚢で卵を守っているオスに睨め付けられた サイズは8cmくらい
ご存知の通り、タツのメスはオスの育児嚢に卵を産みつけ、卵からかえったちびちびのタツがオスのお腹からぽよぽよと出てくる
d0020291_1626598.jpg

後から見ると、お腹の膨らみ具合がより判りやすいね 竜っぽい背中… 
d0020291_16301926.jpg

茶タツA 白タツより少し大きなお腹の子 
どんな子が産まれるのかなあ 俺に似てるとイイなあ
d0020291_16311478.jpg

茶タツB 最大級に大きいお腹の子
今日にも明日にも産まれそうなお腹 パッツンパッツン!
d0020291_16314610.jpg

真上から見たら… お腹が真ん丸に!
d0020291_16321682.jpg

ななめ前から見たお腹 エライことになってるわ
d0020291_16353716.jpg

茶タツC 顔が黒い子 わかりにくいけど、下腹あたり 前日にはお腹がパンパンだったという産後直後のお腹は伸びた皮膚がきゅぅぅ~って縮んだような感じ
d0020291_16365084.jpg

産後パパの会では「も~、俺セルライトがひどくってさぁ」「俺んとこは毎晩ママが海藻ミネラルをすりこんでくれるぜ」とかって会話しちゃってたりする??
周りを探してはみたものの幼魚が目に映るコトは無かった 
もう一匹、茶タツDはスリムな子だった 
産後直後のタツに寄り添って近くにいるのでママタツかな~

去年の夏に撮ったタツたちと体型が全然ちがうわ 
見比べて見てちょ → ★ piggy's album ★
タツの繁殖期は春~秋だ 越前の海でも次から次へとたくさんの子が生まれているんだろうなあ 育つのはごく一部 
冬が来る前に1cmや2cmのちびっ子タツを見たいなあ


☆おまけ☆
d0020291_16393523.jpg

キイロウミコチョウ 久々に会えた 
3月に座間味で数十個体は見たけど、越前で見るとまた格別だー♪
3mm・1個体だけ フクロノリの上を歩いていた 
勝手なイメージだけど、色合いがちょっと年寄りっぽくない?
ボスにクローズアップレンズを渡してこの子を指差したら、首を傾げ傾げてじぃ~って見てくれた ふふふ~ 
[PR]
by neoneopiglet | 2007-06-23 23:11 | ご近所・本州divingとか