わんこと海とオイシイものが大好きな、進化系コブタdiverの生存確認ページ


by neoneopiglet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2009.4 第4週目 越前の海

土曜日

しとしと雨降り 久しぶりにひんやりした空気…
風がまったく吹かなくて、過去のどの凪ぎよりも凪ぎだった
なんたってテトラの中にまで潮目がくっきりと入ってきていたくらいだからね

ashuさん、namyさんの仲良しご夫婦にリクエストを頂いて
♪ウミウシダイビング~♪
去年の秋にご一緒した時は、うねっていて出会いが少なかったので、今日はなにげにリベンジなのだ

で、ガイドのワタシがこう言うのはどうかと思うが…楽しかった!
ワタシはひたすらウミウシを探していたワケだけれども…
お2人の探す目だったり、観察力だったり、撮影にむかう姿勢だったり、なにげない会話だったり、ワタシの知らない学名や特長やぽんぽん飛び出してきて、教わることがいっぱいあった
ウミウシを大好きな者同士で過ごす時間は、陸も海も楽しかった
そのおかげか、ロングダイブだったのにも関わらず、頭痛は全く起こらず仕舞い
水温が上がったってのもアルけれど、コレって…
自分が楽しけりゃOKってこと!?
あんま大きな声で言えないよなあ はは

1DIVE
壁石浜 砂地手前のゴロタ
水温14.5度 透明度4~5m 79分
サルパが大発生 浅場は特に密集度が高い 
手を伸ばせば四方八方常に目の前にサルパがいるくらい
刺されるのが嫌で一瞬潜る気が失せたが、結果誰も刺されなくよかったー

2DIVE
壁石浜 砂地・ちびハング岩
水温14.6度 透明度12~13m 79分
コレがBOSSの言っていた春の越前ブルーだね!青いよー
サルパたちは潮に乗ってどこかへ行ってしまっていた
あまりの透明度に目の錯覚かと思って(笑)他ショップのガイドさんに確認したら「よく見えてたねー」とのこと
砂地は、去年のH20.10.13月曜日と同じくらい(いや、浮遊物が多くてだいぶ薄暗かったけれども)見晴らしがよくて、ワイド好みの方がうきゃうきゃ言いながら泳ぎ回りたいくらいだと思ったよ
ガイド練習中の人なら楽して一発で覚えちゃえるくらい、見通しが良かったよ

そして、なんと思いがけず捕食シーンに出会えた!
テンションがめっちゃめちゃアーーップ!
一切のあの時以来のレアもんっ はー嬉しかったあ
アカボシウミウシがエムラミノウミウシに、ちぅぅぅぅっって吸い付いていた
自分より3倍は大きな個体を、捕えて食う すごいなー
撮影されている途中で、ぺ、と吐き出していたそうだ

計29種類~のウミウシたち
初☆エゾキセワタ、旬のアユカワウミコチョウ、バフバフ泳ぐキイロウミコチョウ、クロミドリガイ、アリモウミウシ、トヤマモウミウシ、アメフラシは多、クロヘリアメフラシ、初☆ハゴロモウミウシ、越前では初☆ネコジタウミウシは真っ茶色3cm、ヒロウミウシは多、アカボシウミウシ、オカダウミウシ&卵は多、シロウミウシ、アオウミウシ、ユビウミウシ幼体?、コザクラミノウミウシ、セスジミノウミウシ、フタスジミノウミウシ、エムラミノウミウシは多、ヒブサミノウミウシ、サガミミノウミウシは多、セトミノウミウシ、クトナ・ヴィリディスも旬、フジエラミノウミウシ、越前では初☆キリヒメミノウミウシ、初☆AEPLIDINA sp.2種とAEOLIDINA sp.…

ダンゴウオは探してないので、見てない
お魚で記憶に残っているのは…メバル2~3cm幼魚いっぱい!かな。。。

                   サガミミノウミウシ 2008.5.5 学校下にて撮影
d0020291_026738.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2009-04-26 23:45 | ご近所・本州divingとか

春のはな

どアップはな
d0020291_20405193.jpg

寒がりはな
d0020291_2041221.jpg

なあに?
d0020291_20432445.jpg

つちのこはな
d0020291_20433423.jpg

おばさんはな
d0020291_2043455.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2009-04-24 23:37 | わんこ
アラフォーを目前にして、一気に代謝が悪くなった気がする
脂肪もつきやすくなり、でも、食べる そして肥えていく
一向に運動したいと思わないから余計にね
ちょっとやそっと潜ったくらいじゃ何も燃焼しやしないわー

ロイヤルパークイン名古屋シンフォニーでのランチバイキングへ 
洋風メニューが多い ビュッフェの好きなところは、豊富な種類の野菜を使ったサラダや凝ったアンティパストが食べられる~♪ 
d0020291_1361462.jpg

デザートは苺をたっぷり使っていた 春だねえ
d0020291_1362374.jpg

Mがチーズフォンデュをしてくれた 根菜を茹ですぎちゃったね 
でもガーリックの効いた肉類はとても良かった 
野菜好きな彼女の作るサラダは、4人前くらいあったよ
d0020291_13111638.jpg

料理上手なY宅へ、Hちゃんとお邪魔した
一面真っ白なお鍋の正体は、メレンゲだった 
中華系鶏ダシが効いたお鍋の具は豆腐、白菜、きのこ類、豚肉とシンプル
d0020291_13152612.jpg

蒸されたメレンゲは初めての食感 ちゅるり、そしてふわっふわ! 
d0020291_13154440.jpg

ふと食べたくなり購入したシウマイ 
家族へお土産というより、ワタシへのお土産 この濃さがたまにはイイね
d0020291_13183178.jpg

沖縄土産は定番の味たち ありがと、Aちゃん
一体どれだけご無沙汰してるのか あー離島に行きたい…
d0020291_1324548.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2009-04-15 23:26 | 日々

団子魚

2009.4  越前・壁石浜にて

ダンゴウオ 幼魚4mm ステージのように張り出したエツキイワノカワに乗る
d0020291_1224886.jpg

ダンゴウオ 成魚5mm 
ぱちくりおめめの放射状の模様は、茶色個体が一番クッキリ出ていると思う
d0020291_1225657.jpg

ダンゴウオ 成魚7mm 赤個体 
目つき悪~ 尾を伸ばせば、魚らしいシルエット…かな?
d0020291_1231283.jpg

ダンゴウオ 幼魚3mm 
より幼い子は、天使の輪&クマノミ模様の白色が鮮明だ
d0020291_1232328.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2009-04-14 23:52 | ご近所・本州divingとか

2009.4 第2週目 越前の海

d0020291_11541896.jpg

土曜日

普段ハマトミへは春日井~越前間を車で通勤しているが、今回はイレギュラーで行きだけ電車移動した
名古屋駅からガラ空きのしらさぎに乗って武生駅へ、旅館のお父さんにお迎えに来てもらう
名古屋の桜はもう舞いまくって葉桜になりつつあるのに、福井はちょうど満開!
落ち着いた高気圧で快晴、ベッタベタに凪いだ海、風もなくてまるで初夏の陽気だあ

ゲストは福井の常連さんが2名、岡山から2名
全員がダンゴウオリクエスト はあ~、プレッシャーだ

1DIVE 
壁石浜 第1トンネル
水温13.0度 透明度5m 50分

2DIVE 
壁石浜 第1トンネル
水温13.0度 透明度4m 53分

数日前に赤潮が発生した名残もあって、かつ白い浮遊物が多かった
日差しのおかげで水中は明るかったけど

天使の輪柄の幼魚は何個体か見つけられるけど、赤や緑は見つけ難い!
2本目はBOSSが一緒に潜ってくれて、茶色っぽい1cm弱と大きめの個体を教えてくれたー
マクロ目なゲストは自分でも見つけてたよ
1枚のアラメに母(父?)個体&子個体&子個体がついていたのは、並ぶと体長の差がよくわかるし、なんだか微笑ましいのよね

ウバウオを久々に見た とんがった唇が特徴の、愛嬌のある顔をしている
あと、レモン色のキイロウミコチョウが意思を持って、バッフバッフと側足で泳いでた


日曜日

久々にSさん、Uさんと潜る 昨日に引き続き、快晴 
この海に波がたったりうねったりするのが信じられないくらい、凪いでいる
今日はハーフボートダイブのショート、トビラ岩ポイントへ

1DIVE
壁石浜 ショートボート 
トビラ岩オンリーで、じっくりダンゴウオ&ウミウシ&サラサエビ
水温13.3度 透明度5~6m 41分

2本目
壁石浜 ショートハーフボート トビラ岩から浅場方向へ 
砂地~ちびハング~大きいハング辺り ENはボートだけど、EXはビーチで
水温13.4度 透明度6m 48分

3mm以下のダンゴウオ幼魚は、2ダイブで10個体は見た
探せば探しただけ会えるのね
赤色茶色緑色は限られた環境に定着しているので、その海藻を見つけて、丹念に探せば出会えるはず
日々のBOSSの観察により生態がイロイロ解ってきたねー

見た目そのものがカワイイし、ライトを当てた時のイヤイヤをする目の動きや泳ぎ方もカワイらしいし、傑作写真が撮れてないのでまだ飽きないわー

浅場はますますホンダワラが成長して、水面へ届きそうに伸びている
あまりの海藻の群生で、岩や砂地の輪郭がぼやけて、場所によってはうっかり迷いそうにもなる
かきわけると、稚魚・幼魚やアメフラシの子がひっそりと暮らしている
水深5mの浅場で、いきなりコブダイ若魚50cmに出会ってちょっとビビる

お昼はカニスキを食べたよ
今年は茹でカニしか食べてなかったからか、シンプルなお鍋が美味しかったー
d0020291_11544895.jpg

帰り道、車を走らせてしばらくしたら、頭痛がやってきた
やっぱり… 3週連続だ
首の後から後頭部の辺りまでどくどく脈打つような強めの不快感
この水温による冷えが原因であろうと、ダイビング前後に体を温めたり、
後で水分を多く摂ったりしてるのになあ
何が足りないんだろう!? まあ潜らなければいいだけの話なんだけどね
寝ればケロッと治る頭痛は、一体いつまで続くんだろう
夏までは1週に1度の勢いで水温はぐんぐん上がっていくようだから、6月頃には頭痛を忘れているのかもしれないね
[PR]
by neoneopiglet | 2009-04-13 23:55 | ご近所・本州divingとか

更紗蝦

ひさびさに撮った  越前・壁石浜にて
呼吸を抑え、気配を殺し、できるだけ距離を詰めて、撮る
楽しいわ 
d0020291_1133889.jpg

黒目が四角いよ!と、Sさんが発見
頭部はイルミネーションばりにキレイだ
d0020291_11324720.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2009-04-13 23:23 | ご近所・本州divingとか

2009.4 第1週目 越前の海

d0020291_11511323.jpg

4月に入ったばかりの土曜日、
1日中しとしと小雨の中、ガイドのお仕事が入った

1DIVE
壁石浜 第1トンネル南側
水温11.6 透明度4m 60分 水中は薄暗くて、ややうねり

2DIVE
壁石浜 第1トンネル南側
水温11.6 透明度3m 37分 うねりあり

神戸から4時間かけてきたゲストは3名、1ダイブ目の潜り始めが1時すぎから
全員がマクロレンズと明るいライトを搭載していて、ダンゴウオリクエストのプレッシャーにくじけそうだった
きっと顔がめちゃこわばってたと思う~
が、速攻でクマノミ柄の幼魚を紹介できて、計4個体を見つけられた 
2009年初ガイドは大成功!? むはー♪
ほんとよかったぁーーー!BOSSの教育(?)のおかげです、ありがと!

2本目はBOSSが一緒してくれて、期待通りにダンゴウオ赤個体を探しだしてくれた
潜ってすぐにうねりを感じつつ、トンネルへ
20分をすぎた頃にBOSSからうねりが大きくなってきたから…との指示で帰り始めて、なんとか全員が無事にEXIT 
テトラ付近はそうとうな大きくうねってた
もしいつものハマトミだったら(というのもおかしな話だけど、汗)クローズにしていたであろうサイズのうねりだった
BOSSとイントラさんがいなければ……… 怖かったよ

ゲストは全員が初ダンゴで、事前の思い込みが微笑ましかった
胸鰭吸盤でくっついてるから絶対に動かない、スタイルはまん丸で尾びれがほぼ無い、あまり泳がない、サイズは1cmくらい、足がつく水深にいる、などなど 
えー!?って笑っちゃったけど、大真面目な顔してた 笑
実際は、幼魚は米粒くらいちぃーさいし、その幼魚は中性浮力が必要な中層の壁にいることが多いし、赤色個体はエツキイワノカワとまったく同じ色で同化しちゃってるし、うねりにアラメは揺れまくって個体も揺れまくるし、ライトを嫌ってくるくる動くし~ ジレンマジレンマ!
ショップイントラさんはさすがで、最初は2~3mmという幼魚のサイズに戸惑ったみたいだけどすぐに2個体を見つけていた
やっぱりそのフォルムと動きがかわいくて~ 一度目にするとダンゴの魅力にハマっちゃうんだよね

もちろんウミウシを探す間はなくて、ちらりと通りすがりに~
コザクラミノウミウシ、アカエラミノウミウシ、エムラミノウミウシ、クトナ・ヴィリディス、アリモウミウシ、ヒメクロモウミウシ、ホクヨウウミウシ、クロヘリアメフラシ、アメフラシ
[PR]
by neoneopiglet | 2009-04-05 00:04 | ご近所・本州divingとか