わんこと海とオイシイものが大好きな、進化系コブタdiverの生存確認ページ


by neoneopiglet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2008.6 第4週目 越前の海

土曜日

奈良のMさんとマンツーマン
晴れ~くもり ベタなぎ うねりなし 水温20.3~20.8度 透明度8~10m
テトラ横の茶色タツは完全に居ついたよう

1DIVE 壁石浜 第一トンネル、砂地、ベンチ 43分
王道コースをまわる ドコにでもユビウミウシがいた
のんびり浮遊を楽しんでみえた

2DIVE 壁石浜 大岩まわり、たてわれ、砂地 49分
砂地周りを大きく巡る 
うねりが無くなぎだったので、久しぶりのたてわれは潜りやすかった


日曜日

小雨~雨~くもり 湾内はなぎ 沖は風波 うねりなし 
水温20.5~21.0度 透明度8~12m
石川のHさんとマンツーマン 背が高くてがっちりなのに、潜り終わってみればワタシより20~30ほどもエアが残していたHさん ゲストの男性で、ワタシよりエアを残す方に初めて出会った! しかも結構年上なのに! スポーツ心臓 恐るべし!

1DIVE オレンジバケット、桃源郷 54分
今年から砂地に設置された、オレンジバケット☆
初めて行ったけど、案外分かりやすい場所だったあ
これからどんどんお魚たちが住み着いてくれたらイイなあ
桃源郷のある岩にびーっしりと着いているムツサンゴがキレイだよ
お魚、ウミウシ、カイメン、海藻、貝類の全てに興味を示すHさん、越前で潜ってコレだけ生物に興味を持つダイバーさんは多くないと思う なにげにワタシも楽しませてもらっちゃった

2DIVE 壁石浜 トビラ岩、砂地 63分
砂地では5cmほどのヒラメが数十匹
ホンダワラ畑でアオリイカ卵を探しまくるが見つけられず
死骸は見たが… きっと産卵を終えて寿命を迎えたのねー

学生さんの団体でニギヤカな週末だった
協力して準備したり、上下関係が厳しかったり、指導したり教えあったり、おしゃべりしたり、雑魚寝したり、お誕生日ケーキ食べたり花火してたり、恋愛もあったりなかったり!? あー、若いってイイなあ…
きっと記憶に残る海・夏になるだろうね 超楽しそうだったわ~☆
[PR]
by neoneopiglet | 2008-06-29 23:48 | ご近所・本州divingとか

オム&カラ

ひさびさに会社の子と遊んだ
お仕事が終わって、気を許せる子たちとハシャぐのは楽しいわー

スパイラルタワーズの地下のラケルでオムライス食べたよ
みんな大好き!ラケルパン!バターがしみて…やっぱんまい♪
お腹イッパイの後は、カラオケへ行った
歌ってんだか、しゃべってんだか、笑ってんだか☆

ただソレだけ、4時間だけなのに「はー遊んだ遊んだ♪」って大満足だったよ
d0020291_20414714.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2008-06-27 23:36 | 日々

お手軽フレンチィ

d0020291_0251710.jpg

みさとホテルトラスティ名古屋栄のクオーレ
入り口にはスペインの旗やタパスメニューがあってスパニッシュ?と思ったけど、グルメなやま田~に教えてもらったとおり、3,990円のお食事コースはフレンチィだった

ミモザ片手に、フレッシュトマトたっぷりのサルサ&トルティーヤチップスをつまむスタートに、速攻でゴキゲンになるうちら♪
そして、海鮮サラダ、ほうれん草とホワイトソースのキッシュ
女子的にはちょっとずつイロイロが嬉しいっ
d0020291_0283126.jpg

野菜クリームスープ、あっさりブラウンソース(タマネギかな?)のヒレステーキ&パンと次々に平らげたよ

そして、うちらの一番のお気に入はタラバガニのオムレツ♪ 
d0020291_0301435.jpg

目の前ではんぶんこにサーブしてくれたのー
見た目はホワイトソースが重いかも?だけど、実際はとってもあっさりなソース
尋常でない量のカニが入っていて、フワフワとろけて~、まじ美味しかった!
ちなみに単品のお値段は2,500円。。。

ラストは、洋ナシケーキ&ババロアを薄いスポンジケーキで包んだナントカ、紅茶で締めて、腹15分目の完食 あー食べすぎだよねー
d0020291_0323410.jpg

全体的にあっさりの味付けはとっても食べやすく、お得感もたっぷり!
やま田~が食べたっていう、ワインのおつまみコースもすごく気になるよっ
少しずつイロイロ出てくるんだって ココ、また絶対に来よう!

入り口すぐの席だったけど、静かな空間でゆったりソファに腰かけて、大人ちっくな落ち着いた雰囲気はとっても良かったよ~
やま田~、穴場グルメ情報をありがとう またヨロシクでーす!
[PR]
by neoneopiglet | 2008-06-24 22:19 | 日々

2008.6 第3週目 越前の海

d0020291_033023.jpg

日曜日

SAKIちゃんと2人☆早朝ダイビング~
小雨、くもり 凪、うねりなし 透明度8m 水温20.8度 

静まりかえった壁石浜は気持ちイイ 5:30起きは大変だけど、水中に入った途端に頭は自然と切りかわってなんだか楽しくなっちゃうー
ふだんダイバーの通り道になっている場所には、スズメダイやウミタナゴが集まって浮遊している
二人でタツノオトシゴを探して、白タツ1個体・茶タツ2個体に出会えた
BOSSいわく「春からずっといる子」らしいが、ワタシは今季初~やっと会えた♪
タツを探すためだけに潜ったので、3個体見られて大満足 24分でEXIT

曇っていたり小雨が降っていて、一日中凪いだ海だった
桃源郷やアゼグリボートに行った子から、場所によってはとっても青くて透明度20m!と聞いた
とってもいい潮当たりだったんだね
午後には風は吹き始め、夜には雷雨だった
昨夜は眩しいほどだった漁火も、この夜は3つ4つだけだった

今日は、早朝ダイブの後に2ボートダイブのガイドをする予定だった
が、不徳のいたすトコロにより、丸一日事務所番をさせてもらう
かわちゃん、SAKIちゃん、BOSS、本当に迷惑をおかけしました
ガイドのお仕事をする為に呼んでもらってるのにぃー
何やってんだ!?ワタシのバカ! 怒 
今日みたいなコトは、プロになって数年…ハマトミ歴4年目にして初めてのコトだった 涙
みんなの優しいフォローはありがたかったけど、事務所仕事はそれなりにやりがいはあるけど、本来の海仕事ができない自分が情けなかった 
自己嫌悪 もう二度と同じコトがないようにせねば 
こんなレベルのワタシなんぞをおいてくれる、ハマトミBOSSに改めて感謝なり

普段の事務OLはお金を得るためだけにやっているお仕事だから、どんなに理不尽だろうが無感情で仕事をこなして、結果トウゼンの報酬を得る
ダイビングのガイドは体力的にも精神的にも負担が大きいしゼーンゼンお金にはならないけど、やりがいやありがたみがついてくる
ひとくちにお仕事といっても、向き合う気持ちは全く違うんだもんね

ワタシはワタシだけの経験しか無いし、考えは底が浅くて、傍から見たら空回りしてだけかもしれない
これからも失敗したり、みんなに迷惑をかけると思う 精進あるのみだー
しんどくても、ダイビングを辞めようとは思わない 今はまだ前だけを見る!
ハマトミ関係者様、これからもがんばりまする よろしくデス。。。
[PR]
by neoneopiglet | 2008-06-23 23:49 | ご近所・本州divingとか

くつろぎカフェ

高校の同級生Yが家を建てたので、Hちゃんと見に行った
そのおうちは、過去に見たどの新築のおうちよりも素敵だった!
以前からYはアメリカンカントリーを愛していたのだが、今回改めて整えられた家具も雑貨たちもシンプル目にオトナかわいく仕上がっていたあ
扉や家具やカーテンは茶系の落ち着いたトーンで統一されている
あえてむき出しにした梁柱、高い天井、シーリングファン、塗り感をだした生成りの壁紙、細めのカウンター、上げ下げ窓、クラシックなガラスの電球カバー、陶器の洗面ボウルや蛇口やタオル掛け…まるでくつろげるカフェ屋さんにいるみたい☆
雑貨屋・家具屋・フリマで少しずつ集めた愛らしいモノたちが、そこここに飾られている
あーん、オシャベリに夢中で写真撮り忘れたあ
ダンナのOくんもきっと居心地がいいに違いない、優しい空間になったね
引越もカーテン作りも、自分らでできるコトは全て手作業でやったとのこと
一戸建てだから日々のお掃除が大変なんだよって、嬉しそうに笑ってた~
d0020291_104965.jpg

お料理も得意なY、今夜はカフェ飯みたいな夕食をごちそうしてくれた
カラフルなハーブサラダは、クリームチーズとトマト・パプリカのマリネっぽい味付けが食欲をそそるよ
鶏肉トマト煮は、とろけそうに柔らかい鶏肉・じゃがい・えのきがよく合う
シンプルな味付けだけど、仕上げに生クリームを回しかければゴチソウちっく♪
五穀米ごはんも美味しくてオカワリしちゃったあ
タマネギのキッシュは初めて作ったそうで、しきりにタルト生地の厚みを気にして「もっと練習すれば良かったなー」って
優しい甘味のキッシュを、小さいあいくんももぐもぐ頬張っていたねえ
食後にはチーズケーキ、甘夏ゼリー、シュークリーム、抹茶ロールでのんびりおしゃべりタイム

少し遠かったYがまた地元に戻ってきてくれて、Hちゃんとワタシんちから車で5分の距離になれたね
また似たもの同士3人で集まって、のんびりしつつピーチクおしゃべりしようね
[PR]
by neoneopiglet | 2008-06-20 23:46 | 日々

2008.6 第2週目 越前の海

土曜日

風あり やや波あり うねりなし 白にごり 
水温18-19度 透明度8m 
顔を沈めてすぐに、水中の変化に驚いた
2週間前より視界がすごく良い!なぜかって、海藻の森だったのに半分以上がちぎれて無くなってる~
場所によってはまだまだ長ーくびっしりと茂っているけど、みんな腐ってちぎれて岩がキレイに丸出しになるまで、そんなに時間はかからないだろうね

1DIVE 壁石浜 第一トンネル、砂地 45分
1年半ぶりに着るドライに緊張するゲスト、とはいえ、すぐに落ち着いて何の問題も無く浮遊していた
お魚はまだ多くない 一番よく見るのは、アナハゼ!?
アメフラシは何個体もの塊になって交接中 卵塊もよく見る
大事な卵を守っている、金色のスズメダイママもあちこちに
半年ぶりの越前を心から感じ取って楽しんでいる様子に、こちらまで笑みが浮かび嬉しくなる

2DIVE 壁石浜 第一トンネル周り、岩場 58分
大岩の周りを、ワイド景観で眺めてのんびりお散歩 いつになく長い距離を移動したかも うねりのない日はこんなダイビングでも楽チンだ♪
アオリイカペアはそーっと動けばすぐ近くまで寄れる 
オスは40cmほどの大きさもあって、やや小さいメスと寄り添って泳いでいた
一度、産卵の様子を見てみたいねえ

3DIVE 学校下 テトラ内 40分
マンツーマンでまったり ギンポ系がやたら目に付く
撮影してるそばからウミウシを次々に渡したら、どっしり構えて集中して撮ってくれたよ
後で見せてもらったら、ピントも構図もステキなのが何枚か…マクロにハマってくれたかしら♪
タツを探すも見つからず

いつも集合時間よりだいぶ早く登場する、常連Aさんと
去年までワタシのと同じカメラを使ってたのに、液晶がキレイでブレにくいFUJIのコンデジに変えてみえた
ぬー ワタシも液晶が大きくて小さいカメラがほしーよー
「1本目はドライ、2本目はウェットで」と言っていたが、1本目が終わった時には「今日一日はドライで♪」だって!
笑顔で頑張っていたと~ちゃんも2本目でギブだったし、この水温なら快適に潜れるのはドライなのね~
 
第一トンネルの北側、夏には抱えられるサイズの低い岩が広がる場所は、白っぽく薄い黄色で1m以上もあるホンダワラたちがびーっしり生えて草原のよう
うねりにそよいでいる様は、何万というオームの触手のよう…
浮遊してぼんやり眺めていると、オームに傷を癒されるナウシカが目に浮かぶ
短い、この時期だけの、お気に入りポイント~


日曜日

晴れ 凪 ゆるいけど押しのあるうねりあり 
水温18-19度 透明度8-10m 白っぽい水中は陽が強く射してやたら明るい 
今日も常連さんと 愛知から、ウェットのAさんとドライのMさん

1DIVE 壁石浜 第一トンネル、砂地 47分
海藻の林を漂う 2cmほどのチャガラ幼魚の群れが愛らしい
黄色い尾ヒレのメバル幼魚は、育ちつつあって5cmくらい 
昨日から必死で探していたキアンコウ幼魚を見れた!うれしー
100円玉くらいの透明な体はシルバーの内臓がスケスケで、ヒラヒラのリボンみたいな動きの胸ヒレと糸みたいな尾ヒレ
MさんがEXIT間際に見つけてくれたの 超かわいかったー☆

2DIVE 壁石浜 大きく一周、大回り 45分
漂うコトと目に付くものを撮るコトが好きな、スキルのあるゲストと潜るのは、ガイドとして物足りないようなでも楽チンなような 笑
アカクラゲを2個体見た 刺されるとすごく痛いんだって
そういえば昨日はカギノテクラゲを見たよ 2cmほどでちょっとカワイイけど、こちらも毒あり
長いサルパもちぎれたサルパもいっぱい浮いててー、あー嫌!

あえて探さなくても目に付くウミウシはアオウミウシ、シロウミウシ、エムラミノウミウシ、アズキウミウシ、アメフラシ、クロヘリアメフラシ、サガミミノウミウシ、クロシタナシウミウシ、ヒロウミウシ、マンリョウウミウシ
そろそろ夏のウミウシが増えてくるねぇ♪
[PR]
by neoneopiglet | 2008-06-16 23:20 | ご近所・本州divingとか

ランチブッフェ

日曜日、よっちゃんとランチバイキングへ
名駅のキャッスルプラザは家族や女子同士のグループで満席だった

洋風も和風も取り混ぜて、節操のないお食事ですなあ…
五穀入りコロッケがオススメ♪
d0020291_20481866.jpg

炭水化物もたっぷり摂って 目の前で焼いてくれるオムレツはふわふわ~
ほどほどに美味しくて、超お腹いっぱいになったよ
d0020291_2048074.jpg

シメはデザートをたっぷり 抹茶ときなこのワラビ餅がんまかった~♪
ホテルの美味しいお食事、というより、がーっと食べてとにかくしゃべる!といったテイの慌しい時間だったわー
d0020291_20493243.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2008-06-08 22:40 | 日々

新鮮おさかな飯

名駅あたりで魚を食べるなら間違いなくピカイチ、と教わったお店 魚しんのすけ
連れていった誰もが同意してくれるよ(お愛想ではナイと思う!)
近くに市場があるのに、なんで他の店は同じように新鮮で美味しい魚料理が出せないのかと悩んでしまう…

海に行くコトが多く、新鮮な魚介を何度も経験しているワタシだけど、4月に連れて行ってもらって以来すっかり気に入って、先月は2回も行ったわ~
1回目は女子1名と、2回目は男子2名と
2度とも5,000円のおまかせコースを食べた

マイカのだししょうゆ漬け 七輪でさっと表面を炙って 
とっても柔らかくて、香ばしい おいしい香りもご馳走だよね~
d0020291_011486.jpg

マグロ頬肉も同じく炙り焼きにする 柔らかいお肉みたいなの
d0020291_031731.jpg

お刺身はその日の仕入れ次第 
過去3回で、マグロ、マダイ、キンメダイ、サクラダイ、キンメ、ハマチ、マトウダイ、トリガイ、タチウオを食べたなあ たっぷりのおろしたてワサビも嬉しい
d0020291_035716.jpg

焼き魚や煮魚はチョイスできる
d0020291_043230.jpg

今日はカサゴの煮付けにしてみた あっさり甘い味付け♪ 箸が止まらない~
ツレたちはタチウオの塩焼き、マアジの塩焼きを食べた
d0020291_044937.jpg

大きなお鍋で炊く鯛めしは最高だー!
香りも味もしっかりとごはんにしみている
食べきれなかった残りは握ってくれてお持ち帰りするんだけど、コレがまた、冷めても素敵に美味しいのよ~
d0020291_055012.jpg

しめ一式 アツアツほくほくの鯛めしはお腹いっぱいなのにもっともっと食べたくなる アオサと豆腐の白味噌のお汁、もずく酢、漬物盛り合わせと共に
d0020291_075387.jpg

他にも、あらかじめ塩をふってくれている天ぷらはいい塩梅で、アナゴ、シロギス、エビ、ほこほこのサツマイモなど
しらすと新タマネギの和え物、しらすめし、たらこめしもイケてるし

さあ、次回はいつ行こうかな♪誰を誘おうかなあ♪
[PR]
by neoneopiglet | 2008-06-06 23:50 | 日々

社内宮崎物産展

d0020291_0185931.jpg

宮崎に異動した方から、今朝支店宛てにクール便が届いた
開けてみたら… こんなに素敵なモノたち!
d0020291_2019287.jpg

宮崎の完熟マンゴーって食べてみたかったのぉ
明るいオレンジ色の実はねっとり濃厚な甘さで、でも後味がさっぱり
皮も種も食べちゃいたいくらいすっごくすっごく美味しかったよ~
名古屋にいたときもお料理をふるまってくれたり、明るくておしゃべりでカッコよくてなにげに女子に人気のあったNさん、ホントありがとです~☆
[PR]
by neoneopiglet | 2008-06-05 00:17 | 季節photo
6月初日、ダイバーズハマトミのスタッフ8名が顔をそろえた 
あと2名は欠席だったけど
この夏の海仕事が始まる!って緊張感とともに、胸の奥がくすぐったくてムズムズするようで頬が緩むような気持ち…
でも、例によって責任に押しつぶされそうでお腹がイタタタ…って 
でも楽しんでやりたい がんばれるかしら!? がんばらなきゃね☆

で、さっそくお仕事 おしごと!
今日はちょいと特異なゲストで、ファンダイブではなく道しるべ・道案内といった体のダイビングをする
コチラの全てのアクションを受け止めようとする姿勢、五感の全てをフル活用して潜っている姿に刺激を受けて、充実した時間が過ごせたわ

1DIVE
軍艦岩をぐるり 晴れ 波なし、ゆるく大きなうねり 水温16-17度 38分
水深3-4mまでは白い浮遊物とクラゲがいっぱーい

砂地は明るくて、定置網あたりは透明度15mほど
ホウボウ成魚を見た 先日魚しんのすけで刺身を食べたばかり…
大きく白いスナイソギンチャクは今年も健在
スズメダイやメジナはまだ若くて、群れの大きさも小さいね
コブダイ若魚はさーっと逃げていった
春先にうじゃうじゃいたミノ系ウミウシは、ほんの数個体しか見かけなかった

2DIVE
学校下 砂地からアイランド・第2トンネルへ 水温16-17度 45分

うねりがテトラに打ち付けて、EN/EXあたりの水中は真っ白い
ココのホンダワラは2m以上はありそうに水面へと伸びていて、砂地までの岩々を記憶とは全く別物に見せる
先端をよく見ると、まだ細く頼りなさげなアナハゼがあちらこちらに
砂地へ出れば透明度12m、強く陽が射していたので自分の影がうっすら砂地に映る 
久々の浮遊感は気持ちよし…
砂紋はイマイチきれいに出ていなかった
ホウボウbaby4cm、ヒラメbaby5cmは人の気配にぷりぷり~って逃げてった

壁石浜では、キアンコウ幼魚3cmが出たらしい むきゃー!
写真を見せてもらったら、体もヒレも透明でとってもかわいらしい
図鑑でしか見たコトないよー 会いたかったなあ
[PR]
by neoneopiglet | 2008-06-01 23:41 | ご近所・本州divingとか