わんこと海とオイシイものが大好きな、進化系コブタdiverの生存確認ページ


by neoneopiglet
カレンダー

<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

d0020291_18195186.jpg

土曜 
くもり ダイバーの頭上に浮かぶ、海水浴の子供の足がますます増えていく
1DIVE
壁石浜 岩場
水温24.9度 透明度3~5m 64分
去年も遊びに来てくれたUちゃん 今回は一泊二日でお友達2人と来てくれたー
お初のちゃきちゃきAさん、ファンダイブ2回目のMさんと
白タツ1個体、茶タツ2個体、ブチのちびタツ1個体、オトメウミウシ、サガミミノウミウシ、アズキウミウシ…被写体には事欠かないね
上がりたくても浅場も面白くって上がれない
毎週末タツたちに会っているが、全然飽きないよ ホント可愛い
 
2DIVE
壁石浜 第一トンネル、砂地
水温24.0度 透明度3~6m 48分 
Mさんの興味は無脊椎動物・海藻などで、ホヤやゴカイを凝視してたあ 
ちょい変わってるわねえ
EXIT10分前から、急にうねりが出はじめた
上がってみたら水面がパッシャパシャしててびっくり
夕方には、クローズでしょ!って状態になる


日曜
くもり ときどき晴れ 水平線が青い!
1DIVE
アゼグリ 南
昨日と同じメンバーで、今日は2ボート
☆Uちゃんの100本記念ダイブ~☆ おめでとう!
初めて海でダイブした時も、100本の時も一緒できるなんて♪
始めた頃こそたまにしか潜ってなかったけど、ここ2-3年は沖縄や柏島、セブなどで潜っていて、かつマクロ大好きらしい
潜れば潜るほどハマってきてるね
これからも何度でも一緒に海を楽しみたいなあ

2DIVE
アゼグリ 南
水底は、 水温22度台前半 透明度15m 
根の上は、 水温24.8度 透明度5m 40分
3チーム入っているはずが誰にも会わない 
貸切気分で超リラックスして、1本目とは逆方向に根を回る
水面下は白く濁っているが、水底まで降りると砂紋が遠くまでよく見えるよ
ホタテウミヘビのジョニーにやっと会えた♪
根の上の端っこでは、卵を守るママタコちゃん 
キンチャクダイは、全ての青いラインがくっきりとカメラに浮かび上がるほどに育ってきた
ビーチとは違って、魚のサイズも個体数も夏らしい感じ

ファンダイブ2回目とは思えない落ち着きぶりのMさん、水中でタンクがぐらついて不安定な姿勢になっていたから「背骨の真上にタンクを乗せてるイメージで泳いでみ」と伝えたらすんなりと安定して漂っていた
話を聞いたら、OW講習でみっちりきっちり水中でのスキルを練習したんだって 
きっとイントラさんの教え方が良かったんだろう
初心者さんにしては中性浮力も上手で、妙に安定してたなあ

ログつけの時もランチでもニギヤカにしゃべりっぱなし、明るく楽しい女子三人組さんだったよ
はー、いい週末でした☆
[PR]
by neoneopiglet | 2007-07-30 23:01 | ご近所・本州divingとか

ビタミンC補充

どなんちでお食事した
ダイバー3人、話題は尽きない
マブール・シパダン・沖縄・奄美・柏島・越前・ハゼ・ウミウシ・地形・カメラ・台風のこと…くつろぎモードでおしゃべりいっぱい、ゴーヤたっぷりのお夕飯だった

島らっきょう梅肉和え、ゴーヤチャンプルー、ゴーヤ入り夏野菜サラダ、白身魚あんかけ、炙りタコとワカメとキュウリと海ぶどうの酢の物
d0020291_0575632.jpg

石焼タコライス、ラフテーとゆで卵
d0020291_058751.jpg

締めのデザートはココナッツ入り杏仁豆腐と黒糖わらび餅♪
d0020291_0584146.jpg


初ルーセントタワーだったので、ずいぶんと期待していったんだけど、なんだか全体にイマイチだったあ
通路や壁・窓や天井も、色や形状などデザインの全てが凝っている造りで、とても綺麗だしアートちっくではあった
でもただそれだけ エレベーターや通路がひどくわかりにくく、お店も多くない
なんだか使いづらくて、一度行ったらもうイイかなあって感じ
駅から離れているし、周りに何があるわけでもない
でもまー、夕涼みのお散歩にふらふらしたり、則武方面に用事がある時など、
ちょっとした時間を過ごすにはいいのかも…
[PR]
by neoneopiglet | 2007-07-26 22:46 | 日々

ダイバー山盛り

子供たちにとっては夏休み最初の土日は、晴れ
にはならず、越前町はずっと明るいくもりだった 
ちょっとだけ蒸したかも 涼しくもないけど暑くもない
浜にはパラソルがちらほら、海水浴の子供たち

土曜日
1DIVE
壁石浜 岩場
水温23.8度 透明度7m 55分 波なし、うねりなし
4人のゲストさんをガイドするはずが、なんと3名からキャンセルが入る
(そのうちお2人の方の理由は、雨だから …?…うーん…)
ということで、Mさんと滅多にないマンツーマンダイブ
被写体ひとつひとつを観察し、ライティングと構図を考えて、ゆっくりとカメラ撮影をしてもらえた
ここ最近の中では透明度がグッと良かったこともあり、普段は行かない迷路のような岩場をいっぱい移動する
密かにワタシも楽しませてもらった

2DIVE
壁石浜 砂地・第一トンネル・藻場
水温23.7度 透明度5m 55分 
昼頃から白く濁り始め、うねりも少しだけ出てきた
ワタシの好きな☆幼魚☆の季節全開の水中だった
エンジ色というか濃いピンク色のコケギンポ3cmほど
中層のちびはチャガラ、メバル、スズメダイ、アジ
どの子も体色・模様がまだ淡く、目をくりくりさせて、ホントかわいらしいのね~
ゴンズイ玉は体調15mmほどの子がうじゃうじゃと 汗
砂地ではシロギス、アミメハギ1cmはミルに寄り添ってる
アオウミウシは6mmの細ーい子と大人いっぱい
クロシタナシウミウシは3個体で交接中
キイロウミコチョウ、アズキウミウシ、クロミドリガイ、コモンウミウシ、シロウミウシ、ヒブサミノウミウシ
タツ探しが絶好調だったよー  
いつもアノ岩では白タツしか見つけられなかったのに、なぜか1分ほどでうす茶色の子と、腹に子を抱えた茶色パパが目に入った
子を放った後のような腹の白タツ、そして念願の…子タツ~!
幼稚園児サイズの明るい茶色ちゃん4cmほど、
中学生サイズの黄色時にこげ茶のブチ模様ちゃん6cmほどまで
あー、うれし☆ 次は1cmBabyタツを見つけるぞぉっ


日曜日
明るいくもり 浜にはダイバーが超多数!
1DIVE
アゼグリ 南の根
知立市からのご年配Nさんご夫婦と
ご主人はまあまあ落ち着いたダイバーさん、奥様は…耳抜きがゆっくりで10分近くかけて砂地へ到着
水温23.7度 36分 波なし、うねり無し
水深10mまでは透明度5m、水深21mの砂地へ着いたら透明度10mはあって、思ったより明るい
手のひらサイズのイシダイ5個体、マダイ10cmは群れで泳ぎ回っている
キンチャクダイ幼魚は今日はひとりぼっちだった
ユビウミウシ、メリベウミウシちび30mm

2DIVE
アゼグリ 南の根・北の根
水温23.1度 透明度5~15m 34分
1本目とは潜行ロープの向きが全く逆になっていた
水面がゆっくりと流れていたからみたいだが、中は全く流れておらずうねりも無く穏やかだ
砂地の透明度は…15m! 水底なら二つの根が余裕で見えた
ひんやりと青い水中に、砂紋が続く様子を見たのは久しぶりだあ うきゃー☆
1本目は緊張が見えたご夫婦も体がほぐれた様子で、少しワタシから離れて気持ちよさそうに浮遊しつつ周りを見回している
奥様の耳抜き時間も早かったし、ご主人のエア持ちもイイ感じだし
アジやスズメダイが舞う中を、北の根に行く余裕まであったよ

エキジットした途端、奥様が微笑んで「15分しか潜ってないみたい」って仰った
あっという間に終わったように思えたんだね
それぐらい楽しかったんだー 
ご夫婦の笑顔とお二人の仲良しな空気感に、ほんわか優しい気持ちになった 
こーゆー瞬間に出会えるから、この仕事を続けたいと思うのかも んね♪
[PR]
by neoneopiglet | 2007-07-22 23:10 | ご近所・本州divingとか

おいしいお夕飯

masaさん&ayuさんちに遊びにいった
前回も相当美味しかったけど、今回も負けずにおいしいごはんをいただいたよ

お邪魔してすぐにテーブルの上の手作りのお料理たちに釘付けになる
鶏のトマト煮は、味のしみた鶏が柔らかくてトマトソースが超甘いの
ピラフは2回もおかわりしちゃったし
マカロニとルッコラのサラダがさらに食欲をupするよ
インゲンの肉巻きは超さくさくに揚がってる
素揚げのナスとアスパラ うちでは生姜醤油が定番だったけど、生ニンニクを少しつけるだけで風味が加わってアジアンな味になるんだねえ!
デザートとお茶まで、きっちりいただきました
お腹いっぱい、超しあわせ~
本当にお料理上手なayuさん、
babyちゃんのお世話も家のことも忙しくて大変なのに ありがとー☆

前回はbabyちゃんがまだ生まれたばかりで、本当に小さくてころんってしてた
今はもうハイハイができそうに足を突っ張ったり、あうあうってお話したり、みんなの食事に合わせてお口をむぐむぐしたり
オムツ替えで転がっても少しもじっとしていなくて、表情が本当にかわいらしい
みるみる大きくなってくねー

4人は共通の趣味があるので、あれやこれやと話は尽きないよ
でも一番盛り上がったのは女3人でのパパトークだ
ayuさんの話が可笑しくって! 超ウケた~
masaさん&ayuさん&babyちゃん、また遊びに行かせてくださいね☆
[PR]
by neoneopiglet | 2007-07-20 23:02 | 日々

プレゼント☆いっぱい

プレゼントをもらった 嬉しい
プレゼントをあげるのも、嬉しい
喜んで使ってもらえそうなモノを、笑顔を思い浮かべながら選ぶのは楽しいよね

ヤシ柄のサンダルを履いて歩けば、元気になれそ~
d0020291_2162783.jpg

Hula Hawaii のプルメリアちゃんポーチ☆
d0020291_216393.jpg

裏地は明るいピンク色 マチつきでたっぷり入るの
d0020291_2164688.jpg

Tシャツは紺色和柄 鳳凰が舞っている♪
d0020291_2165892.jpg

長年の友たちよ、T、Hちゃん、Y、ありがとーっ☆

Aさんが石垣島に行ってきたんだって
お土産セットは石垣の塩とちんすこう ありがとね☆
みんさー織り体験したり、塩作りを見学したり、ドライブしたりととてものんびりできたみたい
南国のお話はいつ聞いても羨ましいね~
d0020291_2172448.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2007-07-19 22:57 | 日々

梅雨のお三時

ぷりっと大粒、ジューシーな巨峰はお隣の会社のもらいもの♪
d0020291_20501937.jpg

Latriaのロングなシュークリーム 
軽く優しいカスタードクリームとミルキーな生クリーム入り
d0020291_20505995.jpg

萌Chezのベリーのムース 和洋が組み合わされた個性的なデザート屋さん
アメリカンチェリーの下には、あんこが隠れている
d0020291_20512337.jpg

サンクドノアの7月ケーキは、トロピカルアイランド 
マンゴームースとスポンジのサンドケーキに生マンゴーがどっさり
d0020291_20525069.jpg

AMAGOYATの卵味の濃いふんわりロールケーキ
カステラに付いているような砂糖粒がまぶされて、んまんま
d0020291_2052093.jpg

お中元の季節、また美味しいお三時が届くのを待ってるよ~
[PR]
by neoneopiglet | 2007-07-18 23:43 | 日々

三連休の越前

太平洋側のダイビングポイントほどではないにしても、波がたちうねりがありゲストのキャンセルが出て、台風の影響が大きい週末となった

1日目
1DIVE
壁石浜 砂地・岩場
水温23.4度 透明度4~6m 44分 
良いとはいえない透明度だが、先週のコトを思えば「見える~♪」って感じ
Kさん、Iさんの仲良し2人組とファンダイブ
陸ではお互いにツッコミを入れつつの仲良しで、水中でも一人はカメラで一人は浮遊と役割分担(?)しての仲良しぶり
今季のお約束、ベンチに座っての写真撮影!
まだ20本未満のお二人は初心者ながら中性浮力を気にして頑張っていた
そーゆーダイバーさんを見ると…微笑ましい♪
中性浮力やフィンワークの練習をお手伝いして、「できたー」って1ダイブごとにうまくなっていく時間を一緒に過ごすのが、好き

2DIVE
アゼグリ ボートポイント 南の根をぐるり
水温23.0度 透明度4~7m 35分
小アジやスズメダイの群れ、久々にユビウミウシ 黄色と青色のラインがみえ始めているキンチャクダイ幼魚は2匹でくるくると遊んでいた
秋のボートポイントの濃い魚影が待ち遠しいなあ

2日目
1DIVE
学校下 岩場・テトラ内
水温23.8度 透明度2~5m 41分
岩場はうねうね、進めば進むほど透明度が落ちてゆき2mほどしか見えなくなる
湾内戻ると透明度UP!
テトラの際では6-7mも見えて、小アジやクサフグたちが舞うよ カワイ~ん

2DIVE
壁石浜 第一トンネル・ロープ・テトラ内
水温23.7度 透明度3~5m 42分
OW講習中の奥様と待つ間のAさんも加わって4人でダイブ
彼のBCのインフレーターが調子悪く、エントリー後交換する
本人はひどく恐縮していたが、チェックしてても器材が調子悪い時はあるものだ
だからこそチェックしすぎて悪いことは何も無い

夜、ゆうちゃんに会いに行った
みんなで結婚祝いを持って
三次会か四次会のカラオケ屋の入り口で少しおしゃべりした
疲れているだろうに笑顔なゆうちゃんはとってもキレイだった
♪♪お幸せに♪♪

3日目
1DIVE 
壁石浜 テトラ内
水温23.1度 透明度2~4m 47分
朝から風が強くて波が大きくてうねりも大きくて、全てのポイントはクローズ 
天気は曇り→小雨→曇り→夕方にはやや晴れ→夜はまた雨
それでも潜りたいという熱心なKさん、Hさん、Sさんと一緒にテトラ内の限られた区域を潜る
ベニツケガニ マダコ大小 アオウミウシ多 チャガラとメバルの幼魚がイッパイ

2DIVE
学校下 テトラ内
水温23.0度 透明度3~7m 42分 うねっている
3人とも「2本目は止めます」というかと思いきや、普通に2ダイブ目
のんびりお魚探し&観察&バブルリングの練習
クサフグ 茶タツ こげ茶タツ キヌバリ
Sさんはフロートを上げてみたりシュノーケルをしたり、なんだかんだと楽しんでくれたのかしらん ふふ♪

講習チームは水深が取れる敦賀・手の浦ビーチへ
台風などでハマトミ前のビーチが荒れると、毎年1・2度は遠征が行われる
忘れ物が無いかどうか、無事に遠征ツアーが行えるかどうか
スタッフはドキドキ
たまの手の浦は珍しさで楽しい反面、施設は借り物だし、片道約1時間の移動はゲストさんに負担がかかるもの~
やっぱりハマトミ真ん前のビーチが一番!
水中の地形もイロイロあってお魚も多くて、ゲストのリクエストにもイッパイ答えられるもんね♪

と、まあ、イロイロたっぷり満載な三連休であった
[PR]
by neoneopiglet | 2007-07-16 23:51 | ご近所・本州divingとか

高級チョコケーキ

宅配便で冷凍のチョコレートケーキが届いた
ドコモのプレゼントに当選したらしい
d0020291_0393252.jpg

イタリアのパティシエ ルカ・マンノーリさんがクープ・ド・モンドで優勝した時の作品なんだって なんだかスゴそうだねえ
10,000名様に当たるモノなので超レアとかではナイのだよなーとか思いつつ、冷蔵庫でゆっくりと解凍させてから頂いた
濃厚なチョコレートムースもヘーゼルナッツのババロアも、ねっとりとしたなめらかなチョコレートコーティングも、美味しかったよ
ま… ケーキも嬉しいけど、欲を言うと南国リゾート旅行券とかが当たったら、ね
まじで嬉しいよねえ♪
[PR]
by neoneopiglet | 2007-07-12 00:44 | 日々

はなの手術、その後

d0020291_0251158.jpg

海で会った方にはなの手術後の経過を心配していただきました
ありがとうございました!
思いがけないところで、まさかと思う方から声をかけていただいて驚きました
気にかけていただいて、ホントありがたくて嬉しかったです
もしかしたらワタシの知らないところではなファンがいるかもしれないので(笑)、遅くなりましたが経過報告です

はなわんこは元気です
あんなにぐったりして弱っていたのがウソのように、とってもとっても元気になりました
お腹の傷はよーく見てもわからないくらい、胸の傷もすっきりきれいなもんです
手術の名残は、剃ったお腹の毛が短くつくつくと生えてきたコトだけ

ワタシが帰宅すると玄関でちぎれるくらいにしっぽを振ってくれるし、
毎日ゴハンの時間には大きな声でわんわんと吠えて催促するし、
冷蔵庫のドアが開く気配を感じるとどの部屋からでも超ダッシュしてくるし、
お散歩ひもをちらりと見せると1mの高さまで何度もジャンプします
泣いていると涙を舐めて(しょっぱいからおいしいのか?)慰めてくれます
夜はワタシにくっついて小さないびきをかいて寝ます
あたたかくやわらかい、はな

いずれはワタシかはなか、どちらかが病気をしたり死んでしまうとは思います
お別れの時がやってくると解っています
だからこそ今一緒にいる時間がどれだけ大切に思えて、どれだけ優しい気持ちで過ごせることか ほんとにほんとに愛おしい 

はなわんこは今日も元気です
d0020291_0304912.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2007-07-09 23:21 | わんこ
土曜日 くもりのち晴れ
ショップさん&個人さん、ダイバーさんがわんさかの週末
これからまだまだニギヤカになっていくよね~

1DIVE
壁石浜 砂地・岩場
水温23.7度 透明度2~5m 46分
Hさんご夫婦のガイド 結婚記念日(+2日)の記念ダイブなので、ボスが設置してくれたばかりのベンチに座って記念撮影をした
いつもほんわか仲良しムード全開でお話も楽しく、スタッフに人気のお二人
一昨年に初めてガイドさせてもらった時の本数は14本だった
その後とってもアクティブに国内外を潜りまくっていて、なんと来月には100本ダイブを迎えることになりそう~♪

2DIVE
壁石浜 テトラ内から砂地へ
水温23.8度 透明度3~5m 50分
ギンポ、ダイナンギンポ、コケギンポ、ホシギンポ、ナベカなどの浅場のぶさいく顔シリーズに多数出会う
幼魚シリーズはチャガラ、カサゴ、スズメダイ、メバルなど
水深3mでは水温26度 ぬるいくらいだ 
どうりで海水浴のちびっこたちがきゃっきゃしてたワケだ


日曜日 晴れときどきくもり
昨日から宿泊のHさんたちと潜る
もう一人は、先週も来てくださっていたSさん 二週連続ガイドさせてもらう 

1DIVE
学校下 岩場・テトラ内
水温24.0度 透明度3~6m 47分
岩場はすぐにはぐれてしまいそうな白濁り
去年はテトラ内に見渡せる広さの心地よい砂地があったのだが、冬の波が沖へ大量の砂を持っていってしまった
砂地は小さくなり巨大な岩がごろごろ…に変わっていた
でも透明度は相変わらず良くて光が射すその場所では、人懐っこいクサフグや小アジ3~8cmの大きな群れ、イシダイ若魚2匹などに会えた

2DIVE
壁石浜 砂地・北端の浅瀬の岩場
水温23.7度 透明度3~5m 49分
透明度が悪い時は無理して長距離移動をしない
自分がゲストの立場なら、透明度が悪い中の長時間水中移動が楽しいと思えないだろうからねえ
お魚や海藻を少し紹介した後は、ゆるゆる移動しつつ…
ゲストさんそれぞれがウミウシを見つけたり、お魚観察したり、フィンワークを練習したり、ふわふわ無心で漂ったり♪

今週末は嬉しい再会があった 数年前に何度もガイドをさせてもらった、Mさん うわーい☆ 変わってないねえ
しかもパートナーさんはOW講習を受けてらしてNEWダイバーさん誕生!
これから一緒に海で楽しい時間をいっぱい過ごしてね!
またハマトミへ遊びに来てちょーだい♪

2日間とも白タツを見に行ったのだが、2回ともゲストにタツを見つけてもらったー
しょうじさん、Sさん、ありがとでした!
波もうねりもなく穏やかな海、水温の上昇もちゃくちゃくと
あとは綺麗な海水が入ってきて透明度が上がるのを待つのみだよぅ


◆オマケ◆
ハマトミスタッフにはイントラ、DM、DM候補生がいる
年齢も経験もそれぞれ違った仲間たちだ
今週末も講習、講習アシスト、ガイド、ガイドアシスト、タンクチャージ、タンク運び、受付などそれぞれのお仕事をした

かつてはワタシも長く楽しいアシストの時期を数年間過ごしており、その状況を少し思い出した
ワタシを育ててくれた人はごくたまにダメ出ししてくれたけど、してくれない時の方が多かった
強制をされるコトはなく、いつも自由だった
だからなのか、どんなに小さなコトも興味を持ち、疑問を持って考えて、誰に言われなくても行動するコトが自然に身についた

自分は人としてダイバーとしてひどく低レベル(今よりももっと)だったので、アシスト・ガイド・OW講習と仕事内容が変わっていく間にも、いつもゲストに対して何かしらできるコトを探して行動あるのみだった
考えて悩んでツレに相談したり、小さな謎や大きな疑問やいろんな発見が頭に浮かぶ度にイントラとたくさん会話をした
質問に対してはいつも丁寧に教えてくれたのはありがたかった
今思えば超くだらないコトを一生懸命話してたし、めいっぱいバカな発想でぶつかっていったりしていたなー
周りの人間にはさぞ「もっと深く考えれば解るコトなのに」とか「心からゲストやスタッフの立場になってみれば解るはず」とか思われているのだろう

遊びに行った先のガイドやイントラともたくさん話をして、こっそり盗み見て、知恵や技術を吸収させてもらった
海や仕事に対する考えが同じ人は、ひとりとしていないんだなあって解った
正しい答えはひとつじゃないのかもしれないってコトを思った

あまり機会はないけど、今でも誰かがガイドをする時にアシストにつかせてもらうのが好きだ
自分とは違う価値観でプロの仕事をして、各自のキャラや持ち味をゲストにアピールしているのを勉強させてもらえるからね
自分がプロとして仕事をさせてもらっている現在、指導者はいない 
人のいいトコロは真似させてもらわなきゃ 自ら盗むしかないのだ
自分のやり方に自信がないとやっていけない仕事だけれど、完璧な人間がいないように完璧なガイド・イントラなんていないはず
もちろん誰もが安全第一を念頭にしているけど、その次に押さえるポイントは人それぞれだ

世の中に変わらないコトなんて無いと思う
プラスな方向に成長するか、マイナスな方向に堕ちていくか、どちらか
経験が増えて凝り固まった頭と心になってしまうからこそ、素直でいたいという気持ちを持ち続ける努力をする!
新しい方法や知識を吸収するコト、人の気持ちを知ろうとするコト、自分以外の価値観を認めるコト、を止めちゃダメだよ

ワタシは世の中が何もわかっていなくて、きれいごとばかり言って理想が高くて、実は何もできてないのかもしれない ほんと超えらそーな態度だよなあ
でもソレは自分が判断するんじゃなくて、他人が評価すること
どう思われているかを時々は確認して、自分は向上心が無くならないように努力するだけ
他人に頼っても誰も自分を変えてはくれない
どう変わるかどう変わらないかは、本人の意識次第なんだと思う
[PR]
by neoneopiglet | 2007-07-08 23:29 | ご近所・本州divingとか