わんこと海とオイシイものが大好きな、進化系コブタdiverの生存確認ページ


by neoneopiglet
カレンダー

<   2007年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

梅雨どきのおやつたち

コレでもかってくらいのチーズやコレでもかってくらいの小豆が入ったケーキみたいな食パンと、異国の7種の風味の紅茶 「待ち合わせしてたら買っちゃったから…」とみさがくれた 高級でカワイイ食材屋さん、DEAN&DELUCA
d0020291_2141714.jpg

北海道土産はロイズのポテトチップチョコレート 塩味の強いポテチの片側に甘いチョコ 初めて食べたけど美味しい!
d0020291_2161138.jpg

仕事帰りにデパ地下で買ったSweet of Oregonのチーズケーキ 定番ベークドの他に何味を買おうかいつも迷ってしょうがない
d0020291_2175358.jpg

中華料理の最後はマンゴープリン 最近マンゴーのデザートをよく見かける マンゴー好きとしてはどれも気になるねー
d0020291_221090.jpg

洋食コースのシメはお米のシフォンケーキとソフトクリーム ツレは苺のムースとアイスのミニパフェ
d0020291_22212100.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2007-06-27 22:09 | 日々

晴読雨読・活字好き

十二国記シリーズを読み終えた
数人からオススメだと聞かされていて、やっと先月から読み始めた

最初は『魔性の子』を読んだ
が、ファンタジーはあまりなじみが無いうえにホラーは苦手なので、むぅ…だった
次は『月の影 影の海』を読んだが、まだイマイチ雰囲気に馴染めなかった
陽子がなかなかに巧国という存在に馴染めなかったようにね
『風の海 迷宮の岸』あたりから、wikiを参照しつつ読み進めて、背景が解ってきた
気がつくと幼い麒麟の姿と妖獣(なぜか?)にのめりこんでしまい、amazonで全巻を一気に購入したよー
『東の海神 西の滄海』は尚隆と延麒の関係を微笑ましく読み進めて、最後の六太が去る場面ではとても切なかった
『図南の翼』は珠晶の必死さが分りすぎて、逆に淡々と読んだ
『風の万里 黎明の空』では、実生活でもこんなひねくれてどうしようも無い人っているよなーってイライラしたり、久々に知る陽子の景王としての成長ぶりを嬉しく思ったり
ラストは、やっぱりー!だったけど悪くはないよ
『黄昏の岸 暁の天』では李斎の目で世を見ている
戴からいなくなった泰麒が日本で過ごした時間(つまり『魔性の子』)を思い出しつつ、読み始めた頃の内容がイロイロとつながった 
スッキリ!とこれまでとはちょっと違った感覚で読めた
『華胥の幽夢』は短編集
本編がよくわかっていると番外編は堪らなく面白いよね
王が失道した最後は、わかってるつもりでいたけどやっぱり悲しかった…

泣ける場面も考えさせられる場面もイイし、なにより世界観や登場人物の設定が、ホントよくできている!
特に好きなのは、泰麒の幼少時代
あと、王と麒麟の関係が書かれているトコロも

全巻を読み終えて時代や人物たちの関係もよく解ったし、もう一度最初から読んでみるつもり
きっと何度読んでもおもしろいと思う~
アニメのDVDも見てみたいけど、なかなか時間が無いかも
本は持ち歩けるし短い時間でも読めるからねえ
もうずっと新刊が出ていないようだけれども、続きが読みたいよう 涙

ほんと面白くてめちゃめちゃハマったわ
リクママさん、Sさん、オススメしてくれてありがとです☆
[PR]
by neoneopiglet | 2007-06-26 23:34 | 日々

異国の辛味料理

韓国料理の妻家房へ行くのは2度目だ
前回行った時は単品でイロイロと注文したのだが、隣の席の女子2名がコース料理を食べていてなんだかとってもおいしそうだったので、みさと「今回は絶対コースを食べよう!」と意気込んでやってきた

予想通り品数はとても多くて内容も盛りだくさん
前菜は、前回も食べた酢漬け大根巻き、キムチは大根白菜胡瓜の3種類、韓国海苔、ナムルはあっさり口直しに
d0020291_125092.jpg

イカとしゃきしゃき玉ねぎとシソみたいな葉の和えものは、甘みもあるけど一番辛かった! 
d0020291_1271680.jpg

チヂミはイカとニラがたっぷり サクッパリッうまっ しあわせ~
d0020291_1273617.jpg

韓国焼肉のプルコギは、大きなお鍋がコンロに乗ってテーブルに運ばれてきた
牛肉とたっぷりの野菜をお姉さんが目の前でじゅーじゅー焼いてくれる
しっかり味のついたお肉に「白ごはんが欲しー」と顔を見合わせる
d0020291_1282262.jpg

とどめはおこげが美味しい石焼ビビンバと、さっぱり韓国冷麺 
どちらも小さめの器だったけどお腹がいっぱいすぎて半分は残してしまった…
d0020291_1284068.jpg

デザートみたいに優しいカボチャのお粥と、イチゴのひとくちシャーベットも
で、一人前4,000円 …って、安いわ!
美味しいけど量が多すぎるんだよぅ~ 涙
といいつつも、次回は漢方コースに挑戦だね☆
[PR]
by neoneopiglet | 2007-06-25 22:26 | 日々

ごぶさた、越前

越前で潜ってきた
コゲそうに太陽が照り、風は涼しく、超快晴
SAKIちゃんが3名のガイドだったのでアシストにつかせてもらう
初funの方、初ドライの方、写真撮影の方と、のんびりゆったりダイブ

1dive
壁石浜 砂地
水温21.3度 透明度8m 44分
6月初めに潜った時のようなホンダワラ林は消えて、すごく視界がいい
お魚も増えてきた 
今日、目についたのはタツ、マアジ、チャガラの超チビ2cmの群れいっぱい、ちびヒラメ、コウイカなど
ウミウシもちらほら 
アオウミウシ、シロウミウシ、アズキウミウシ、クロミドリガイ、クロシタナシウミウシ、クロヘリアメフラシは大きな子はいなくなって1.5-5cmほどの小さいサイズ ウミフクロウは越前で初めて見たー☆ 2cmと小さく透明ちっく

2dive
壁石浜 第一トンネル
水温21.0度 透明度7m 49分
テトラ北側の浅場はすくすく育ったアオサが絨毯のよう
トンネルまわりは透明度が上がって気持ちよい
最後にタツをもう一度見てEXITした

ゲスト一人ひとりに気を配り、丁寧なガイドと楽しいおしゃべり
当たり前のコトかもしれないけどソレをきっちりできるSAKIちゃんはダイビングガイドの本当のプロだ!
お仕事モードの雰囲気で、また勉強させてもらいました 
ありがとう、SAKIちゃん☆ 体冷えてたけど風邪ひかないでね

3dive
壁石浜
水温21.0度 透明度5m 50分 午後も遅くなりだいぶ濁ってきた
ボスがマンツーマンでタツノオトシゴスペシャルガイドをしてくれた

茶タツは海藻のかたまりや奥や岩陰の藻に付いていて、自分では全然判らなかった 汗
子を持つタツは神経質で用心深く、よく移動するらしい
去年の夏にタツ(子を持たない)をよく見た住み心地の良さそうな環境とは全然違うところにいるんだなあ
肉食だから栄養をつけるためにしっかり食事を摂らねばね
うねる海藻につかまるタツも常にうねっている、寄れないし撮れないよぅ

白タツ 育児嚢で卵を守っているオスに睨め付けられた サイズは8cmくらい
ご存知の通り、タツのメスはオスの育児嚢に卵を産みつけ、卵からかえったちびちびのタツがオスのお腹からぽよぽよと出てくる
d0020291_1626598.jpg

後から見ると、お腹の膨らみ具合がより判りやすいね 竜っぽい背中… 
d0020291_16301926.jpg

茶タツA 白タツより少し大きなお腹の子 
どんな子が産まれるのかなあ 俺に似てるとイイなあ
d0020291_16311478.jpg

茶タツB 最大級に大きいお腹の子
今日にも明日にも産まれそうなお腹 パッツンパッツン!
d0020291_16314610.jpg

真上から見たら… お腹が真ん丸に!
d0020291_16321682.jpg

ななめ前から見たお腹 エライことになってるわ
d0020291_16353716.jpg

茶タツC 顔が黒い子 わかりにくいけど、下腹あたり 前日にはお腹がパンパンだったという産後直後のお腹は伸びた皮膚がきゅぅぅ~って縮んだような感じ
d0020291_16365084.jpg

産後パパの会では「も~、俺セルライトがひどくってさぁ」「俺んとこは毎晩ママが海藻ミネラルをすりこんでくれるぜ」とかって会話しちゃってたりする??
周りを探してはみたものの幼魚が目に映るコトは無かった 
もう一匹、茶タツDはスリムな子だった 
産後直後のタツに寄り添って近くにいるのでママタツかな~

去年の夏に撮ったタツたちと体型が全然ちがうわ 
見比べて見てちょ → ★ piggy's album ★
タツの繁殖期は春~秋だ 越前の海でも次から次へとたくさんの子が生まれているんだろうなあ 育つのはごく一部 
冬が来る前に1cmや2cmのちびっ子タツを見たいなあ


☆おまけ☆
d0020291_16393523.jpg

キイロウミコチョウ 久々に会えた 
3月に座間味で数十個体は見たけど、越前で見るとまた格別だー♪
3mm・1個体だけ フクロノリの上を歩いていた 
勝手なイメージだけど、色合いがちょっと年寄りっぽくない?
ボスにクローズアップレンズを渡してこの子を指差したら、首を傾げ傾げてじぃ~って見てくれた ふふふ~ 
[PR]
by neoneopiglet | 2007-06-23 23:11 | ご近所・本州divingとか

越前のウミウシ

去年と今年、越前で出会ったウミウシの写真をupした

★ 越前のウミウシたち ★

画像整理ができて、満足~
出会っただけで写真になっていない子や、まだ見ぬ子たち…
これからも機会があったらコレクションに加えていきたい

d0020291_22173120.jpg

ゴマフビロードウミウシ 30mm おにぎり子猫ちゃん♪
[PR]
by neoneopiglet | 2007-06-22 23:13 | ご近所・本州divingとか

正体判明

嬉しいコトがあった
ずっと謎だったウミウシの名前がわかったのだ

去年のGW、越前でお世話になっているshopの前のビーチ・壁石浜で見つけた子
その時の日記ではさっぱり判らなかったが、名前がわかった途端に愛着がさらに湧いてきた

Cuthona viridis クトナ ウィリディス 5mm 和名はまだないようだ
水温15-16度 水深6mの砂地でワカメの茎を歩いてた 
今年もこの子に会えるといーな♪
d0020291_0525346.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2007-06-20 23:39 | ご近所・本州divingとか

ヘルシーランチ

土曜日のお昼にYさんと集合する
金山駅近く玄米食の店のらはランチタイムで混んでいた
常に数人が待っていて、席が空くことはなかった

d0020291_0315096.jpg

玄米など15種類の穀物入りもちもちごはん、野菜たっぷりお汁、おかず6種類とメインを1種類選ぶ
Yさんが選んだメインは、麩のソテー 香味ソースはチョイ濃い目の味
ワタシが選んだ豆腐ときびのハンバーグは優しい味のトマトソースがけ ふわふわであっさり~
ひじき、カレー風味野菜煮、青菜と海藻のおひたし、マロニーとキャベツのサラダ、麩と野菜煮、ニラ入卵焼き、むっちりお豆腐…
d0020291_032745.jpg

デザートは香ばしい雑穀コーヒーとサツマイモのムース、むちっとしたおからとバナナのケーキ♪
オーガニック食材を使ったヘルシーで美味しい定食は、目もお腹もイッパイになった

旅行好きのYさんは、いっぱい話を聞かせてくれた
あちこちの観光名所は行きまくっているし、トレッキングやお城巡り、温泉も好きなんだって
ワタシは旅行した回数とか凄く少ないし、日本の名所の名前も場所も全然知らないのよ~
共通してる知識は大好きな食べもののコトだけかあ ぷぷ
あーでもないこーでもないとオシャベリする、こーゆー気楽な時間がたまには必要だね♪
またお互いに落ち着いた気持ちで一緒に時間を過ごしたいね
[PR]
by neoneopiglet | 2007-06-16 23:23 | 日々

高級パン

d0020291_0175397.jpg

MAISON KAYSERのパンを食べた
同僚が外出の際に作業着でセントラルガーデンのマダムたちに混じり、並んで買ってきてくれたの!
高島屋の地下にも店舗があるけどいつも行列ができている

マフィンもおいしかったケド、デニッシュ生地が最高にんまかった!!
さっくりと軽くってほんのり甘い
みんなで「おいしいね~ しあわせだね~」ってご機嫌なおやつタイムが過ごせたよ
Nさん、ありがとー☆
次回はクロワッサンをよろしくねっ
[PR]
by neoneopiglet | 2007-06-15 23:07 | 日々

はなの手術③

d0020291_045690.jpg

5月某日 退院の翌日

はなは放っておくとくーくー寝て、ゴハンもしっかり食べて、うんちもした
手術の経過を見てもらうのと消毒の為に通院する
診てもらうと、傷の具合は良好とのこと
抜糸の日を決めて、先生にお礼を言う


退院から2・3日後

あっという間に元気なはなに復活!と思いきや、急に嘔吐が始まった
食べたものを全部吐き、食欲が減り、昼も夜も何度も吐き、胃液まで吐き、うんちは溶けたレバーみたいなモノになった
何も食べなくなり、水もあまり飲まなくなった
術後のせいか、カラーのストレスのせいか…
痛くても気持ち悪くても辛くても、口を利けないはな
内臓の違う部位を傷つけたんじゃないのかな、痛みがひどいのかな、手術をしない方がよかったのかな… どうしよう、どうしよう!? 
ちょうど土日だったので家から一歩も出ず、ずっと目を離せなかった
甘えてくっついてくるはなに寄り添うことしかできない
はなはくったりしているか寝ているか
心配で心配でしょうがなかったが、家族と話し合った(酷い口喧嘩をした)結果、もう少し様子を見ることにする


退院から4~9日後

はなは約2日間絶食した 
そのおかげか次第に水を飲むようになった
エサをふやかしてつぶしたりレタスをみじん切りにしたりして、ほんのひとくちふたくちと食べ始めた
もうくったりと脱力もしていないし、吐いたりもしない
体重が800gほど減って首が痩せたから、最初はきつかったカラーがゆるくなってしまったけど

ゴハンを食べたがるようになってから、元気になるのは早かった
よちよちゆっくり歩きで家中をうろついて、吠えたり立ち上がったり、甘えたりおやつを欲しがったり… いつものはなに戻りつつある わーい!
早く傷がくっついて、ドコも痛くなくなって、飛び跳ねられるようになって欲しい


手術の日から10日後
 
待ちに待った抜糸の日がやってきた
相変わらず待合室は混んでいて1時間近く待った
大きなわんこやカラーをつけた猫もいた なかには21才だという猫もいた
飼い主はみんなフレンドリーで、病院仲間なのか互いのペットの病状を話したり
誰かのペットが寄ってきてもちゃんとかまってあげる
ワタシも何人かに話しかけられた
いろんな意味で人気の病院なんだあ

先生は笑顔で『うん イイですね しっかりくっついてますね』と言った
先生とスタッフとワタシの3人で震えるはなをこてんと横にして押さえる
ぷちんぷちんと糸を切る 
『明日にはカラーを外してもいいですよ お腹をシャンプーしてあげてください』
あっという間だった

消毒薬をつけたガーゼでほんのり赤く肉が盛り上がった傷口をなぞると、はなはお腹をなでられたかと思ったのか先生を見あげてぱたんぱたんとしっぽを降った
微笑ましくておかしくて、ほっとしたらまた涙が出た

d0020291_028677.jpg

6月某日 カラーを外して、1週間後 

首まわりの毛は少しハゲた
お腹の傷痕はおへその下まん真ん中に2.5cm、胸の傷痕は肋骨の形に沿って3cmほど 
お腹の方は知っている人が見ないとわからないくらい、胸のだって目立たない

ごはんはがっつり食べるしおやつも催促する よく遊んでトイレしてよく寝てる
お散歩にも連れて行ったし、イタズラをしてお尻ぺんぺんされている
甘えっこだったのは病院から帰宅した直後だけ あとは寝起きの時か 笑
以前のように、もうすっかりマイペースに暮らしている


後からわかったことだけど、茶屋ヶ坂動物病院の院長先生は犬の心臓疾患の手術では超有名だった
病院全体が症例・麻酔・手術に対して経験値が高いんだろうな
いい病院を紹介してもらえて、きっちりとプロの仕事をするM先生に診てもらえて、たくさんの人に祈ってもらえて、ホント感謝 
良かったね、はな
d0020291_022817.jpg

今回のコトがあって今までよりもずーっとはなを大事だと思うよ
かけがえのない存在のはなわんこ
はなが幸せな犬人生を送れますように☆
[PR]
by neoneopiglet | 2007-06-12 23:30 | わんこ

はなの手術②

d0020291_23534050.jpg

手術を決めてから、その日が来るまでがホントにしんどかった
いつどこで何をしていても頭の中は常にはなのコトでいっぱいだった
いい方に考えたり、悪い結果を想像したり 頭の中がぐるぐるしてた
わんこを家族だと思ったことない人には、たかがわんこを相手に夢中に必死になる姿は馬鹿に見えるだろう

ダックスを飼っている友人が3人いる
ダックスじゃないけど犬を飼う友人が5人いる 
それぞれがわんこへの強い想いを持っている みんな親ばかだ 
話を聞いてもらって慰められて、元気付けてもらった

縁があって家に来た犬なんだから、できるだけのコトをしてあげて大事に育てたらいいよ
治療だと思えば切腹はいたしかたないよ
色んな情報があって病院を選択できたのも、ちゃんと質問に答えてもらえたのも、恵まれているよね
まだ若いはなはこれからの人生の方が長いんだから元気に生きていくよ
きっと治してくれてありがとう!って思うハズだよ
家族でできるだけのコトをしてあげよう
早く元気になるといーね

小学生の時から飼っていた雑種犬クロは、特に病気にもならなかった
17年の人生を終える時は、老衰で3ヶ月間寝たきりになった
毎日寄り道せずに帰宅して、オムツを替えて話しかけてゴハンを食べさせた
命が終わった時は本当に本当に悲しかったけど、家族としてできることは全部やった

今回の手術的なことは初めての体験でイロイロと教わってばかりだ
みんな、本当にありがとう


5月某日から10日後 手術の日

朝一番で病院へ連れて行った 昼前には手術が終わる
何も知らないはなは車の助手席でおでかけを喜んでいた
診察室で体調を聞かれ、いよいよはなを先生に渡した
すがる気持ちが頭を深く下げさせる
ワタシにできることは、先生にお任せして祈ることだけ

お昼休みに入ったばかり、12時をすぎて携帯が鳴った
『手術は無事に終わりましたよ 夜お見舞いに来てあげてくださいね』
…!!!

午後はうわのそらで仕事をし、退社後ダッシュで面会に行く
痛い思いをしただろうか、まだ麻酔が効いてふらふらしているだろうか、手術は本当に上手くいったのだろうか…
通された奥の部屋、透明のケースにはなは小さく丸く横たわっていた
あ…と心臓がキュッとした瞬間、はなはワタシ(の気配?匂い?)に気づいた
首にエリザベスカラーを巻いて右前足に点滴の管がつながっているのに、何度も飛び跳ねた
元気だ…と嬉しくて、ケースの前面をパカッと全開にしていっぱい触ってやった
先生が笑顔で『そばにいて話しかけてあげてくださいね』と言い、カーテンで仕切られた隣のスペースに戻っていく
別の子の手術が進行中らしく何人かのスタッフの姿が見えた
はなはくうくうきゅうきゅうと鳴いて、抱っこしてもらいたくて箱から飛び降りようと強い力で全身をワタシの手に押し付けてくる
30分ほどお話してさすっていたが、はなはどうしても帰りたいらしくテンションが下がらない
ただでさえ手術後でしんどいはずなのに、このままでは倒れてしまうと思い
後ろ髪を引かれる思いで帰宅する


手術日の翌日 

ちゃんと寝たかなー 傷はまだ痛いだろうなーと、ドキドキしつつ翌朝はなを迎えに行く 
毛を剃られてつるつるのお腹の2ヶ所の縫い目は、糸がむき出しで包帯も何も当てていない
でも犬だからイイんだろうね 
所詮犬は犬、丈夫なのだ~! 超しっぽ振ってるしー♪ 
そして無事に退院できた

帰宅途中に吐いたり倒れたりしてもいいように、毛布とトイレシートを用意していたのが良かった
車に乗った途端に大量におしっこをした
トイレシート2枚分くらい…
麻酔と痛みと心労で、入院中一度も出なかったと思われる 

帰宅後も透明なおしっこを3回もした 
心配になるくらいの量で、???だ
その後もおしっこした直後にまたおしっこポーズを繰り返す
ほんのちょーっとしか出なくてもトイレシートの上で何度もポーズを取ってうろうろして
残尿感あり?膀胱炎みたいな感じにみえるけどなんだろう 
今だけの症状かなあ…

はなはおうちに帰って嬉しそう 
いつもより数段ゆっくりなよちよち歩きでうろうろしてる
エリザベスカラーを何度も何度も柱や床や椅子や段差やクッションにぶつけている 足が短いからね… 痛々しいよ
早く元気になるといいなあ
d0020291_06945.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2007-06-11 23:30 | わんこ