わんこと海とオイシイものが大好きな、進化系コブタdiverの生存確認ページ


by neoneopiglet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

◆Garuda
ガルーダは、ヒンズー神話に登場する神鳥
ヴィシュヌ神の乗り物であるとともに、人々に恐れられる蛇を退治する聖鳥として崇拝される
人間の胴体を持ち、鷲の頭部、嘴、翼、爪を持つ
タイ王室の紋章にもなっている

空港で
d0020291_21302875.jpg

ホテルで
d0020291_21375633.jpg

ウブド・ネカ美術館でd0020291_21314611.jpg
d0020291_21332786.jpg

d0020291_2135504.jpg
d0020291_21363763.jpg

d0020291_21454521.jpg

怖いような、かっこいいような…
どれもりりしいな~
[PR]
by neoneopiglet | 2005-08-31 21:47 | バリ旅行とか
スミニャックのビーチ
レギャン・クタまで同じ景色が続く

静かな夜明け前
d0020291_20293140.jpg


眩しく暑いリゾートの海
d0020291_2057548.jpg

時間が許せばボディボードしてみたかった
d0020291_212935.jpg


夕刻、光が闇に吸い込まれていく
d0020291_20271153.jpg

人も減ってきた
d0020291_205276.jpg

奇巌城?  砂遊びの跡だよー
d0020291_20345187.jpg

なんて美しい一日の終わり
d0020291_20241717.jpg

どこまでも続く水平線 鮮やかな色彩たち
そこにいるワタシ 幸せな時間
[PR]
by neoneopiglet | 2005-08-31 20:19 | バリ旅行とか
プルメリアが大好き
南国に行くと必ず出逢えるよね

濃いピンクや淡い桃色や黄色…どの種類もかわいい
でもやっぱり白で真ん中に少し黄色が入ったのが一番好き!

背が高い木なので、落ちてない花を近くでみたいなーといつも思う

ホテルのレストランの入り口でd0020291_223531.jpg

ホテルのスパの入り口で
d0020291_232862.jpg

ウブドの銀細工屋のトイレでd0020291_241961.jpg

モンキーフォレスト通りのスパの入り口でd0020291_251324.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2005-08-30 02:09 | バリ旅行とか
滞在はソフィテル・スミニャック・バリだった
d0020291_1264456.jpg

ロビーはオープンな作り
シックなふっかふかのソファセットが数箇所置かれ、あちこちに石像と南国の花々が飾られている
d0020291_125814.jpg

部屋もいい感じ
シックで落ち着いたトーンのインテリア、リネンは全て白で統一されている
ベランダにはテーブル&チェア
バスルームは、トイレ&バスタブ、シャワールームがガラスのドアで独立したタイプ
シャワーはお湯の量も日本と同じくらい
d0020291_1204766.jpg

ホワホワのバスローブ、オレンジの南国花柄ゆかた(変なの…)
いつもの貧乏ダイビング海外旅行に比べれば、とーってもリッチな旅だ
いつもの…ってのは、蛇口からでるのは真水なのか塩水なのか、冷たい水だけでなく暖かいお湯が出るかどうか…というかなりの低レベルな旅だが(汗)
d0020291_123397.jpg

ホテル棟・ヴィラから庭の木々や池を挟んで、オープンテラスのレストランがあり、その横にはプール、そして数歩でスミニャックビーチへと続く
d0020291_1305422.jpg

静かで、サービスが行き届いて、微笑みの多いホテルだった
d0020291_1472568.jpg



ただ一つ、到着早々に難があった
チェックインに1時間弱かかったのだ
ガイドの説明も少ないまま、ロビーのソファで待たされつづけた
誰もがあえて無言で、ウロついたり写真を撮ってみたり、オレンジ色の夕日が濃いグレーの闇に変わるのを前途多難な予感と共に感じていた
ワタシたちには1時間たりとも貴重な時間だと、ガイドのアノムさんに伝えた
近畿日本ツーリストなのに! ホリデーツアーなのに!
ぷり

翌朝、旅行会社の日本人スタッフから部屋に電話があった
チェックイン時の出来事は、ホテル側の不手際
で、ホテル側からお詫びのしるしにディナーかエステを提供したいとのこと
そりゃもちろん大喜びで受けるわさ  得したってコトにしておこう??
d0020291_1404846.jpg
[PR]
by neoneopiglet | 2005-08-29 23:09 | バリ旅行とか

久々の越前

20日ぶりに越前で潜る♪

8/27 快晴 暑いぃぃ

①壁石岩
大阪からのHさんご夫婦、滋賀からのFさんご夫婦
Hさんは新婚さん 陸でも水中でも協力し合ってラブだった
台風の影響が残っているのか、昨夜は波がテトラ越えしており今朝も相当うねっている 
ボートは出ず  透明度3~8mほど
テトラ北端のロープを伝って砂地まで移動
ちぎれた海藻たちが砂地に敷き詰められたかのようにびっしり
それが波で揺れ続けていて、誰も波酔いしないのが不思議なくらい
コノハミドリガイ5~20mmがいっぱい
ちびちびセトミドリガイ、黄色ギンポ、アオリイカ20cm編隊

②壁石岩 
第1トンネルのあたりはうねりなし
抱えられないほどの大きい岩や細かい砂利が砂地の西側の地形を変えていた
砂は南側に寄っていて砂紋になっている
ヒラメ、キヌバリ、カサゴ、クツワハゼ…3週間前よりみんな大きく育ってる
そして、今年日本海で初めて見るソラスズメ 2~5匹
ちびで鮮やかで臆病な子たち

③壁石岩 
Hさんは2本で終了
桃源郷へ 午後にはうねりは落ち着き波はほとんどなく、透明度もUPする
Fさんご主人は今日初カメラで、だんだんと被写体に向かう時間が増え、すっかりハマってしまった様子
小アジがむっちゃ群れて川の流れのようにザーーーッと移動している
秋になるにつれもっともっと大きい群れになるだろう
カマス、スズメダイ、タコ、アオシロサラサウミウシ
奥の砂地は高い砂紋 ちびオジサン、でかクツワハゼ

眩しいオレンジ色の夕日がとってもきれいだとりえちゃんが教えてくれた
雲も海も染まっている
かなちゃんと「自然ってスゴイねえ…」とうっとり


夜は、と~ちゃん・か~ちゃん・newダイバーさんとBBQ!
杜氏さんしか手に入れることのできないお酒を持ってきてくださる
仕事の大変さとお酒の知識の話を聞きながら、ほんのり甘く飲みやすいのと、ぴりっと炭酸のようにキッパリスッキリの2種類を頂く
空気に触れた途端、酵母が活動しだすのだそう…
おいしいお酒に山本にーちゃんは顔がゆるみっぱなし
今日出勤だったスタッフはラッキ~です!
d0020291_0592577.jpg
BBQの食材はサザエ・エビ・ホタテ・カニ・とうもろこし・ピーマン・キャベツ・玉ねぎ・焼きおにぎり・豚・牛カルビ・ソーセージ…
d0020291_0594741.jpg
そして、アワビが2個♪
d0020291_10371.jpg
一弘さんが網の上で踊るアワビを酒・しょうゆ・塩コショウ・バターで上手に焼いてくれた
柔らかくてすんごくおいしいの!
みんなご機嫌で楽しい夜だった~


8/28 曇りのち晴れ 風が涼しい
昨日と違って落ち着いた明るい海

①アゼグリ
今日はFさんご夫婦のみ 自由に潜れるので気楽な様子
南の根を一周→北の根の上を小さく廻る
砂地には一抱えほどもあるクラゲの死骸が6個体 越前クラゲ?タコクラゲ?
南の根の上は群れだらけ ソラスズメは100匹以上、アミメハギ、スズメダイ、ウマヅラハギ
割れ目には大きくなったメジナ、キンチャクダイbaby1.5cmが隠れてる
根の上はうねりあり

②シラグリ
エントリーした途端、澄んだ青色
透視度は27m、透明度は15m
ご主人は砂地ででかメバルたちを撮るのに夢中
キハッソク、ハオコゼ
ウミウシが減った気がする
根から根に飛び回って移動 ややうねり
来月にはモルディブ・ソネバギリで滞在&ダイブだと言うFさん
うらうらうらやましすぎるぅ
モルディブのダイビングは必ずチェックダイブがあり、ダイコン&レスキューマーカー必須、30m以浅のみ潜水、などのルールがある
向上心の強いお二人はマスククリア、ロープ無し潜行&浮上、スレート書き等を練習していた
帰ったらまた越前に来て、話を聞かせてくださいね!

③壁石岩
ひとりでタツ探しの旅へ
さきちゃんとゆうくんに情報をもらって…
その岩を見つけるのに15分、タツを見つけるのに15分かかった(汗)
夕方で誰も通りかからず、20分ほど独り占めで観察 うほほ
細い海藻にしっかりからまってユーラユーラ揺れている
小さな茶色の子はトキトキの先が白く、目の周りが放射状に模様が入ってとーっても愛らしい!
今度はカメラを持ってこなきゃ~

小さいクラゲが増えた
首に赤い小さな点が27個 かゆ…
去年の秋も潜るたびに刺されてたんだよねぇ

前回は帰宅が深夜になってしまったので、今回は早々にハマトミを出発
19:38ハマトミ発 21:34自宅着
過去最速時間は2時間ジャストだったので、今回の1時間56分は新記録だ
4分短縮!
北陸道から名神に入ってしばらくの間と、一宮JC周辺は込んでいた
この時間帯に2時間を切るって、かなりいい感じに飛ばしてきたんだな~♪

8月最後の週末も無事に終わった
海の中がまだまだにぎやかになっていく9月の越前をどれだけ潜れるかな…楽しみ!
[PR]
by neoneopiglet | 2005-08-29 22:59 | ご近所・本州divingとか
豪華OL癒され旅(?)だったので、食べたものも豪華でおいしいものばかり♪
帰国後、体重は増えていなかったものの会社の制服スカートがすんごくキツかった(汗)

★ホテル ソフィテル・スミニャック・バリのウェルカムフルーツ
南国の果物って超おいしくて大好き
特にパッションフルーツ! カリカリの感触がよく甘くて最高においしかった!
サラックは中身が房になっていて微妙な甘さ 初だわ
d0020291_20521335.jpg

ウェルカムドリンクも生パッションフルーツd0020291_20565140.jpg

★到着日の夜の夕食
ビーチ沿いのレストラン・ガドガドで なぜかタツがトレードマーク?
ヨーロッパ人ばかりで日本人はワタシらのみ
d0020291_2057332.jpg

まずは天井が高く間接照明の効いたバーでカクテルを
イチゴ・ライム・レモンバームが惜しげなく効いているd0020291_2111623.jpg

波の音をバックにテラス席での食事!
浮かれすぎて料理の写真を撮り忘れ…残っていたのは生ガキとパン…
ソフトシェルフライ・ゴマ付き半生ツナサラダも食べて、1人Rp180,000
d0020291_2058386.jpg


★ホテルの朝食
朝からビュッフェで、例によって食べ物に関して加減を知らないOちゃんは食べ過ぎて気分を悪くしていた
ま、Hちゃんもワタシも同じような…
d0020291_213410.jpg

やっぱりパッションフルーツを選んじゃうd0020291_215279.jpg

暖かいものはオーダー後、調理してくれる  
デニッシュはサクサクでいくつ食べたことやら… d0020291_2155450.jpg

焼きたてのバナナパンケーキ  シロップが多いよ~d0020291_2165740.jpg

★スミニャックのカフェのちゃー
ツナや野菜が入ったパイと紅茶
蜂蜜とライムをしぼって
d0020291_2185742.jpg

★ホテルのディナー
ホテルに失態があったのでプレゼントされたディナー
タダだったのよ!フリーよ!無料よ! (^^)v
ここでも欲張って食べきれずに苦しむ3人
数種類のハーブがたっぷりサラダ ココナッツソース
レモンバームは毎食どこかで使われていたよね
d0020291_2192558.jpg

柔らか牛煮込み ごはんによく合う!d0020291_21102496.jpg

またまた生ガキ ピリ辛ソースd0020291_2111164.jpg

ハーブもりもりな白身魚フライ 醤油味のあんかけd0020291_2112965.jpg

★ウブドのランチ
初めての、いわゆるバリフード でも豪華版!
ビーフンゴレン/ライスヌードル Rp28,500d0020291_21132711.jpg

あっさりチキンサラダd0020291_21162764.jpg

豪華ナシゴレン Rp42,500
添えられたソースは辛いけどヤミツキになるうd0020291_21152074.jpg

現地の方の日常的物価は日本の何分の1かだという
前回のバリ旅は現地価格により近い超貧乏激安旅だったし、基本的に貧乏旅を続けているワタシにはひどく贅沢な気分だったのだ~
[PR]
by neoneopiglet | 2005-08-26 21:19 | バリ旅行とか

久々に、映画

上映期間が終わる直前に皇帝ペンギンを観た

南極で生きる皇帝ペンギンの生態が、一家族のストーリーになっている
ドキュメンタリーのようだが、夫婦・親子の会話にひどく感情移入してしまう

広大な氷の大陸、沈まない太陽、真っ白な吹雪、流氷の水面下の青い海、途切れることのないオーロラ、ペンギンの大行進
どの映像も美しい

大人ペンギンの動きはユーモラス 着ぐるみを着ているかのようにトテトテ歩き、ぽよんとしたお腹で氷上を滑る
子供ペンギンはふっわふわ よろよろよちよち歩いて、かわーいーのー!

映画の途中、何度も命が消える
凍りつく生まれたばかりの卵、アザラシに襲われる母ペンギン、数ヶ月の空腹で倒れる父ペンギン、移動の疲労で衰弱し倒れてしまうペンギン、親から離れてしまい寒さに耐えられない子ペンギン、海鳥につつかれる子ペンギン…

凍りつく風や柔らかい光の中で、父ペンギンが母ペンギンに何度も言う言葉が印象的
「ダンスを踊ろう」
彼らはよちよちダンスを踊り、厳しすぎる環境の中で、ただひたすらに命を繋ぐ

思い出すと… はー、 涙でる
感想は2人とも、「せつない」の一言

でも 観ることができて良かった 知ることができてよかった


ぐちこのぺぇじのひとりごとにも「感情移入」という言葉が…
やっぱノリが近いのかも  ねえ?
[PR]
by neoneopiglet | 2005-08-25 23:23 | 日々

再会

音信不通だった兄に会った
というか、兄のような存在の人に再会した

あの頃、「あれは何?」「これはなんで?」と無知でしつこいワタシに、一つずつ分かるようにいちいち説明してくれた
時には冗談を言ったり、からかわれたり
一緒に楽しい時間を過ごしていたよね

優しい兄のような、厳しい先生のような、古い友達のような、頼りになる先輩のような… そんな存在

あれからお互いに少し環境が変わり、でも懐かしい感じもそのままだよね


どれだけ時間が経っての再会だとしても、また速攻親しげに話すことができるだろう
またお互いを気遣い、理解しようとするだろう

でも、もう音信不通は止めよー
便りが無いのは元気な証拠だなんて思えないよ
だって、便りが無いのは寂しいじゃん?

また会お  またメールしよ
たまにはおいしいもの食べに連れて行ってよ 
そんで、いっぱい話そうよ  んね♪
d0020291_12541.jpg
p.s. 炭酸飲料は控えめにね
[PR]
by neoneopiglet | 2005-08-24 23:40 | 日々

2005 夏★バリ

d0020291_18264824.jpg
バリ島に行った

divingしない旅行なんて何年ぶりだろう
いいホテルに泊まって、おいしいもの食べて、値切りまくって、観光して、スパ行って、街を歩いて、ビーチでのんびりした時間を過ごした

Hちゃん、Oちゃん、また一緒に旅行しようね!
d0020291_18274856.jpg
[PR]
by neoneopiglet | 2005-08-23 18:22 | バリ旅行とか
★窪川豚まん
d0020291_2102532.jpg

d0020291_2101488.jpg

道の駅あぐり窪川で
具は玄田産窪川ポークミンチ・玉葱・筍のみで、とってもジューシーでおいしかった

★苺かき氷
道の駅大月で、衝撃的なイチゴかき氷に出会う
普通のピンクのシロップがけではなく、なんと氷の中に数十個(数百?)の苺が埋まっていて、その塊ごとかき氷機でかくのだ
うすーくスライスされた苺&シャリシャリ氷に透明なシロップをかけて
とっても鮮やかな苺がきれいで、すんごくおいしい♪
d0020291_273880.jpg

d0020291_28188.jpg
d0020291_2816100.jpg

帰り道でも食べたかったのに、訴えもむなしく素通りされてしまったぁぁぁ(涙)
まじでめちゃめちゃオススメだよ!!
200円なり

★柏島産トコロテン
d0020291_255438.jpg

道の駅大月で
酢のきいたダシしょうゆをつけて食べると思いきや、しょうがゴマ葱が添えられてそうめんつゆのような味だった
トコロテン自体はおいしいのに… すっぱくなきゃ!酢が欲しいよー!
300円なり
コンビニでも真空パックのトコロテンを売っているのを発見
だしの材料をチェックしてみると、やはり酢は入っていないようだ
高知(四国?)は、そんな文化らしい

★鰹
d0020291_254365.jpg

道の駅窪川で
細く小さいサイズの生節を、真空パック入りで売っていた
しょうゆ・柚子・ニンニク・しょうが味があり、おつまみにいい感じ
怪しいぞ~♪ お土産に購入

★はがつお
d0020291_244561.jpg

道の駅大月で
お弁当を買った直後に発見したので、購入はしなかった
酢でしめた姿寿司なんだろうか? 気になる…
[PR]
by neoneopiglet | 2005-08-20 01:04 | 柏島divingとか