わんこと海とオイシイものが大好きな、進化系コブタdiverの生存確認ページ


by neoneopiglet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ボホールdivingとか( 9 )

異国の文化、自然 どこもかしこも日本とは違うコトが興味深い♪
今回もほんの少しだけだけ体感できたよ~

庶民の足、トライシクル スーパーに行く時に乗ったよー
海恵さんもワタシも小柄なのだが、運転手の隣の席に2人で座ったらまったく隙間がなかった
手すりにつかまって立ち乗り、または後ろの箱(?)にも乗ってよいのだ 
基本はバイク仕様だが、自転車仕様もあるらしい…
d0020291_2152117.jpg

半日だけ、観光の時間をとった まずは血盟記念碑へ
スペインがフィリピンを統治した時の儀式の様子を表す
広々とした空と海をバックにして記念撮影スポットだね
d0020291_2156596.jpg

世界一小さいメガネザル、ターシャを見に行ったの
手のひらで包み込めるサイズで、ふわんふわんな子たち 超カワイイ♪
ボホールに行く人はぜひ見てみてちょーだい
にーちゃんが長い竹串的な棒にバッタを刺したものをくれたので、ターシャの口元にそーっと差し出したら、小さな手できゅっとつかんで小さな口いっぱいにもしゃもしゃ頬張った カワイイ!と思ったけど…虫って… ちょいグロかったー
d0020291_2215161.jpg

バクラヨン教会では結婚式をしていた フィリピン人のほとんどはカトリックだそう
当人たちを親戚や友達が入れ替わりたち替わり囲んで写真を取りまくってた
参列者は200名?? 関係ない人も座ってたかも…
聖歌隊はフツーのお洋服で気楽なカンジなのに、超キレイな声でホールに響いて聞き入っちゃった
d0020291_2270100.jpg

柔らかい光のステンドグラスも、歴史を感じる壁や天井の画もキレイだったー
時間があればココでゆっくりと過ごしたかったな
d0020291_2273153.jpg

南国のお土産といえば、篭だね 
土地によって材質やデザインが違って、雑貨好きはついつい欲しくなるよ
d0020291_22101223.jpg

ビーチでは貝殻細工の雑貨たちが売っていた
細かい作業を繰り返したであろう、私の背丈ほどもあるランプシェード
d0020291_22104945.jpg

こちらは貝殻タペストリー いかにも海っぽいよね
d0020291_22123142.jpg

お土産たち スーパーで買ったものばかり
定番のoishiはピリ辛味を購入
d0020291_22134112.jpg

こちらはスーパーの片隅で 見た途端、違うと解っていても「ろ、ろでぃ??」とつぶやいてしまった
d0020291_22153154.jpg

海も陸もあっという間に時間がすぎた、4泊5日のボホールダイビング旅行 
いつかまた遊びに行きたいよ~ (*^▽^*)
[PR]
by neoneopiglet | 2007-11-13 21:43 | ボホールdivingとか
ホテルの朝食はアメリカンか地元ゴハンかを選べる
この時はたまたま、朝から米の気分ではなかったのでパン朝ごぱん~
この赤いソーセージ! フィリピンに来たーって実感しちゃう
d0020291_23221597.jpg

夕食はショップスタッフ&ゲストで毎晩、街のレストランへ
d0020291_2327311.jpg

4日間食べに行ったが、初めは外国人向けの上品なお店だったが、ワタシたちが何でもどんなでも受け入れそうだと知って、次第に地元のファミリーが行くようなお店へとランクアップ(ダウン?)していった
d0020291_23295645.jpg

料理のお値段はだんだんと安くなっていった 300~200ペソくらい
といっても、地元の裕福な人が通うようなこぎれいなお店ばかりだ
マンゴーシェイクはドコでも美味しかった!
d0020291_23275220.jpg

中華ちっくなモノから、肉中心のフィリピン料理まで
鶏肉が美味しかった 甘いタレをつけて焼いてある
ブロイラーなんて存在せず、元気いっぱい放し飼いの鶏しかいないんだものー
お約束に違わず、体重をきっちり増やして帰国したのは言うまでもナシ!
d0020291_23293750.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2007-11-12 23:16 | ボホールdivingとか
中部国際空港からマニラ空港へ約4時間飛び、国内線に乗り換えて70分ほどで到着するタグビララン空港は想像していたとおりのちせえ空港だった
d0020291_2259059.jpg

海外の空港でのトランジット、英語のできないワタシひとりでの行動はまじで胃が痛かった
国際線を降りて荷物を受け取りまた荷物を預けて、両替をして、国内線のビルへ移動して空港税を払って乗るだけ、と言葉にすると簡単だけどさ 
むきーっ 怖かったよーっ
最終日はタグビラランから飛ぶエアが90分も遅れた…
乗り継ぎ時間にじぇんじぇん余裕がなくて、マニラ空港内を端から端までダッシュしたしね~ 涙

ダイビングショップのスタッフのお出迎えを受けて、ボホールトロピックスリゾートホテルへ向かい、4日宿泊した
d0020291_22595438.jpg

空港から車で5分、街のスーパーやレストランへも5分、という好立地条件
それでも敷地内には花が咲き、隙間なく椰子が植わって、芝生にも手入れが行き届いて、早朝には鳥たちの鳴き声が響き、気持ちよく広々としていた
小さなプールが3つもあった
もちろん滑り台も滑ったし、クジラの噴水にもまたがったわよー
d0020291_2311799.jpg

部屋は特別な装備は無く、シンプル TV・冷蔵庫あり
シャワーは、熱いお湯が申し分ない水圧で出た 何よりうれしー♪ 
d0020291_233356.jpg

日曜日、ホテル内で披露宴があったらしく、白いドレス姿の花嫁を2組も見れた
しかし…なぜこの部屋の前で、この車にもたれて、の撮影なんだ!?!?
d0020291_239020.jpg

ホテルの各部屋の前に貝殻細工のランプがある
夕方に灯が燈るとイイ雰囲気~
d0020291_23111429.jpg

ホテルは西に向かって海に面していた 
ビーチが無いのをツレは非常に残念がっていたよ
d0020291_23123630.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2007-11-12 22:49 | ボホールdivingとか
暖かい海といえば! アンナウミウシ 一番多く見たよ
d0020291_0572266.jpg

キイロイボウミウシも少なくない
d0020291_058161.jpg

アカフチリュウグウウミウシ 毎度、グロくてキモいと思いつつ…撮る
d0020291_059314.jpg

セグロリュウグウウミウシ うさぎのお耳が風に揺れてる~♪
d0020291_10120.jpg

初☆ヤマブキウミウシ 6mm 裸眼では触角も鰓も見えなかった
「黄色のボディに赤い縁取りといえばたしか…?」と、とりあえず撮ったら、初モノだった うふふふふ☆
d0020291_125091.jpg

ウミウシ画像は今回これだけ  ええ!これだけですとも…涙
やはり、真のウミウシダイビングは、ウミウシダイバーとともに潜らねば、(またはワイド目ダイバーに多大な待ち時間という迷惑をかけなければ)成しえないモノなのね 涙 

お世話になったショップは、サンミゲルが飲み放題だった 
ショップに挨拶に行った時、ログをつけてる時、ソコにいるだけで、茶色い瓶が出てくる
アルコール5%だが、あっさりなビールなのでワタシでも飲めたよ
滞在中4日間、少ないながらも毎日1・2本は飲んだ自分にびっくり~
[PR]
by neoneopiglet | 2007-11-05 23:53 | ボホールdivingとか
バブルコーラルシュリンプ シャイなちびっ子はすぐに隠れちゃうの
d0020291_0443513.jpg

ニセアカホシカクレエビ パープルの控えめな模様が結構スキだわ♪
d0020291_0455883.jpg

こっち見すぎ! オシャレカクレエビ 
d0020291_046522.jpg

こっち見すぎ!Ⅱ コロールアネモネシュリンプ 
d0020291_047522.jpg

超でかかったイソコンペイトウガニ 体長15mmはあったかも トゲトサカをちょいちょいと体にくっつけて 
このサイズでこの角度だと『蟹』ってカンジするなあ 茹でて食べちゃうぞ♪
d0020291_0503912.jpg

日本とフィリピンの時差は-1時間 わかりやすいね
朝のショップ集合は、行き先のポイントによって7時とか8時だった
人数が少なかったのもあるかも知れないケド、スケジュールがぱっぱと進むので、3本潜ってもショップに戻るのが14~15時と早かった
ホテルの敷地内にあるショップなので、さっとお部屋へ戻れてシャワーをあびて、17時からログづけ
終わったら、街のレストランへみんなで出かけて夜ゴハン~♪
朝が早いからか20時すぎには解散、というルールのようで??
部屋に戻ってから、ベッドに転がって海恵さんとおしゃべりしてても…お腹イッパイでうとうと…21時を過ぎる頃には寝てしまう…
日本では睡眠時間5時間が普通なのに、ココでは毎日睡眠時間をとりすぎて、最終日には夜明け前の鳥たちの声で5時前には目が覚めてしまった~
早寝早起き浅場ダイビング、なんて健康的な日々だったんだろう☆
[PR]
by neoneopiglet | 2007-11-04 00:39 | ボホールdivingとか
オドリハゼ&ダンスゴビーシュリンプ
超寄ってもライト焚いても動じない、イイ子だったよ 
d0020291_17134914.jpg

オドリハゼのすぐ横にいたハタタテサンカクハゼ
オレンジ色の点々が鮮やかだね
d0020291_1714736.jpg

ニチリンダテハゼ&テッポウエビ 
何個体も見たのにぃ ヒレ開いてない!ダメだぁ 
d0020291_17142671.jpg

カニハゼ 2個体だけ見た ピョンッピョンッてしてた
d0020291_1714378.jpg

フィリピンのダイビングスタイルは、お殿様お姫様ダイビングだ
なんもかんもやってくれるのよね
器材をセッティングするのも洗うのも、全てフィリピン人スタッフの仕事だ
ダイバーが自分で身につけるのは、ウェイトと軽器材だけ
ボートのヘリに座って運んでくれたBCに腕を通して、海に落ちてエントリー
タンクを背負って立ち上がることさえしなかった
エキジットの時は、重い器材を水面で外して身ひとつボートに上がる
水中での呼吸・中性浮力・フィンワークはご自分で…

ココには、自立できてないダイバーたちが集まる
ブランクの為にスキルの無いダイバー、老齢化などで体力や筋力の無いダイバー、スキューバダイビングは命に関わる遊び(スポーツ)だという意識の低すぎるダイバー、とかね
もちろん、彼らは海を楽しみたいと思っているし、そんな彼らにとってココは必要不可欠な場所なのよね

このダイビングスタイルには賛否両論イロイロあると思うけど、
ま、「そーゆー場所もある」ってコトですなあ
もちろんワタシもどっぷり☆お姫様ダイビング☆してきたもんね
[PR]
by neoneopiglet | 2007-11-03 16:31 | ボホールdivingとか
ドロップオフのカクレクマノミ
イソギンチャクが丸くなるのは、お食事中だから…らしい
d0020291_16233413.jpg

浅場にいたイースタンクラウンアネモネフィッシュ
d0020291_16234741.jpg

メラネシアンアンティアスは、どのポイントでも見かけたといってもイイくらい
手前がオス、奥がメス たくさんのメスの中にオスが1匹というハーレムを作る
d0020291_16235910.jpg

個性的な模様のスプリンガーズダムゼル 目がキツク見える…
d0020291_1624547.jpg

チンアナゴ 周りにウミヒルモが生えるくらいの浅場で
ニシキアナゴは引っ込ませてしまった 涙
d0020291_16252423.jpg

久々に見たよ、ハナヒゲウツボ成魚
d0020291_16242433.jpg

こちらも浅場で 得体の知れない…20cmほどの植物???
と思いきや、トゲウミエラの仲間
d0020291_16253847.jpg

滞在中は夜から朝にかけて毎日雨が降ったけど、ダイビング中は一度も雨に降られることが無かった
青空~くもりってカンジ 夕方は大抵晴れてたけど
ちょっと涼しかったりもしたけど、水着で過ごしやすい気温がほとんど 
暑くなっても汗が流れるほどではなかったかなあ
空一面のキレイな朝焼け・夕焼けが見れなかったのはすごく残念…
[PR]
by neoneopiglet | 2007-11-02 23:07 | ボホールdivingとか
d0020291_1484819.jpg

1日目 アロナビーチDIVE 
①ビーチフロント ②アルコ ③ビーチフロント

朝は明るいくもり、午後から晴れ 
水温29.7度、47~49分、水深12.7~20.8m
凪ではなくて、低い風波が途切れない
透明度は良くて15mくらい?
白っぽくても水中が青く明るいのは、さすが南国~
3本目のリーフ上のサンゴはカラフルでとってもキレイだった

印象的だった子
ニシキアナゴ、チンアナゴ畑、ホワイトラインコームトゥースブレニー、ホシテンスyg、30cmまで寄っても逃げないオドリハゼ、ギンガハゼ、ニチリンダテハゼ、久々ののキャンディケインドワーフゴビー、イソハゼベニハゼいっぱい、太ったキュウリサイズのオトメハゼ、スプリンガーズダムゼル、丸くなったイソギンチャクとカクレクマノミ、イースタンクラウンアネモネフィッシュ、ちびサビウツボ、派手なトゲウミエラ、大好きなパープルビューティ&メラネシアンアンティアスたち、コレだけでも幸せ♪
d0020291_1491521.jpg

2日目 バリカサグ島DIVE
①カテドラル ②ブラックフォレスト ③カテドラル

今日もやや曇り 島に着くまで沖を通る時は割と波があった
水温29.5度、47~58分、水深18m
緩やかなドロップオフでドリフト♪ 
とにかく群れ群れ群れ!お魚イッパイのトコロはかなり白っぽい透明度
パラオ・ブルーコーナーの透明度がやや落ちでサメがいない版といったイメージ
お食事中の子やスイスイ泳ぎ回っている子たち
深く潜る必要のないニギヤカな海…
潮の流れや波がダイビングに向いている時はともかく、海況の変わりやすい島周りのポイントでガイドをする現地スタッフを心から尊敬する

印象的だった子
ギンガメアジの大きなトルネード!水深1~25mまで巻いていた 
全体を写したかったなあ…半端ないサイズだわー 
途切れることのないムレハタタテダイ・ウメイロモドキ
ドロップオフの定番っぽいホソフエダイとかグルクンとかタカサゴとかハナムロとかツムブリとかヤッコ各種とかマダラタルミとかカスミアジとかカメとか、わかるでしょ?? (笑)
ロングクローシュリンプ、コブシメ、コクテンフグ、トウアカクマノミ村、丸くなったイソギンチャクとハナビラクマノミ
d0020291_1495225.jpg

3日目 パングラオ島DIVE
①ライトハウス ②ハグタン ③ドゥオール

ショップからビックリするくらい近くのポイントなのに、とーっても豊かな海で、のんびりゆるゆる潜れて大満足だ~
水温30.1度、48~58分、水深16.1~22.3m
3本目はガイドとマンツーマンで 
ゆるーく深場へ傾斜している、見渡す限りのリュウキュウキッカサンゴ畑が見事だった
過去にコレだけの規模のキャベツ畑を見たことがなく、みんなに見せたいっっって思ったよ!

印象的だった子
オイランヨウジ、babyローランドダムゼル、タルボッツダムゼル、クレナイニセスズメ、超babyニチリンダテハゼ3cm、イソコンペイトウガニ1.5cm、ツースポットブレニー、スポットテールブレニー、カニハゼ、でかマンジュウイシモチ、ハナヒゲウツボ、スパインチークアネモネフィッシュ
d0020291_1410857.jpg

フィリピンで潜るのは4度目で、過去にはアニラオ×2回、セブ×1回を潜った
セブの海は特に…別に…だったけど、アニラオはマクロ満載でサンゴもすっごーく元気だった

今回は、天気も海況もめっちゃ良いわけでもなく、生物もめっちゃレアな子がいるわけでもなく、初めて見る子も少なかった
でも、荒れてない海で、サンゴも魚の種類も数も多くて多くて~(そこはさすがにフィリピン!)、久しぶりに南国らしく穏やかな海を楽しめたよ
たくさんの生物に囲まれて、超のんびり南国ダイブをしたい方にはボホールダイブはオススメだよ~☆
d0020291_1482794.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2007-11-01 23:41 | ボホールdivingとか
d0020291_14135917.jpg

ボホール 4泊5日のダイビング旅行から帰ってきた

GOOD diveshopで9本潜った
3日間みっちりとボホールの海も陸も楽しませてくれたガイドのじゅんちゃん、
初日だけ海を一緒できたヤンキーちっくで明るいイントラみずきちゃんと
イントラ試験を控えたオモシロ同級生きょうこちゃん、
夜だけご一緒した飲んでも飲まなくても饒舌なBOSSしんじさん、
そして愛嬌を振りまくチワワ&ミニピン混血のひめちゃん
ゲストのTちゃんはボホールリピーターさんで、一緒にプールの滑り台したりおしゃべりしたねっ

そして…PNG以来久しぶりに一緒に旅ができた海恵さん、
いっぱいおしゃべりできてホント楽しかった 感謝ですー
またぜひ誘ってください 一緒に海外ダイビングしましょうね!

みんな、ありがとです☆ 
いいメンバーと過ごせた楽しい時間たちだったよ~
d0020291_20471422.jpg

[PR]
by neoneopiglet | 2007-10-30 23:41 | ボホールdivingとか