わんこと海とオイシイものが大好きな、進化系コブタdiverの生存確認ページ


by neoneopiglet
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
いまさらながら 2010.3月のいろいろたち ②
d0020291_22194067.jpg

京都の東山花灯路2010へ出かけた
d0020291_2223727.jpg

うす暗くなるにつれて路地にほのかなあかりが灯りだす
d0020291_22241394.jpg

いろんな形の灯りたち
d0020291_2225216.jpg

ほのかな灯りに包まれて、のんびり歩く 
ちっとも寒くない
d0020291_22294764.jpg

法観寺を囲むのは細い路地
d0020291_22302298.jpg

知恩院も暗闇に浮かびあがる
とっても穏やかなきもちでの夜のお散歩 来年もまた来たいなあ
d0020291_22214643.jpg


地元ではあいかわらずカフェでまったりと 近所ばっかり もっといろんなカフェにも行ってみたいなあ 
とはいえ、お気に入りのオーガニックカフェ ロージリー
d0020291_2239869.jpg

モーニングのパンはもっちり香ばし~
d0020291_22592044.jpg

ちょこちょこおかずのランチも大好き
d0020291_22414870.jpg

オリコーヒーのモーニング クラムチャウダーは想像よりさらっとしていた
d0020291_22435373.jpg

ホットドッグはチェダーチーズがしっかりこってり~
d0020291_22453264.jpg


これまた近所の美味しいお店を発見したのは、イタリーのコンタディーノ
平日の夜、ふらりと寄ってみた
ゲストはカップルが3組だけ、フェスタAコースを選び、明るくシンプルな空間のカウンターに座り、こだわりのありそうなシェフは作業もゆっくり丁寧でその作業を眺めつつのんびりおしゃべり&食事した
今回は画像を完全に忘れるほど、多くを語りあった夕食だった
真っ白の大皿に並ぶ前菜は6品 さっぱりな今市かぶのマリネ、牡蠣のローストはしっかりと味がついてて、さつまいものゴルゴンゾーラ焼き、柔らかハム、スモークしたお魚とスライス野菜、フォアグラのパテとトマト
牡蠣と白菜のクリームソースパスタは、牡蠣味のクリームといっても過言ではないほど!ソースに牡蠣のだしが出まくってパスタに絡んで めっちゃオススメ!
カリフラワーとパンチェッタのリゾットはトマト味
シンプルなパンは手作りなんだって
お肉料理は脂ののったやわらか豚のロースト、黒胡椒とチーズスライスと共に
紅茶を飲みつついただいた3品のデザートは、生チョコみたいなしっとりケーキ、シャーベット、カスタードクリーム
イタリー料理の、オリーブオイルの風味と塩が効いてるシンプルな味が好き
濃厚で複雑な味ももちろん好きだけど
どこかのサイトで、なかなか料理がでてこないというコメントを読んだけど、店のスタイルからいって早飯したい人が来る店ではないよねえ
お料理と向き合って、ゆっくりとごはんを味わうのにふさわしいお店だったよ
[PR]
# by neoneopiglet | 2010-03-12 22:16 | 日々
いまさらながら 2010.3月のいろいろたち ①
d0020291_2385711.jpg

なばなの里へおでかけした
小雨降る園内は、河内桜がこれでもかと満開で
この黄色いぽわんぽわんはなんていう花だっけ?
d0020291_23131438.jpg

遊びに来たのは4度目だけど、ベコニア館へは初めて入ったよ
d0020291_2302462.jpg

天井から何百という鉢が吊り下がる
d0020291_2322839.jpg

ほんとうにきれいなんだから!
d0020291_233787.jpg

とってもとっても華やかだねー
d0020291_235830.jpg

南国っぽい、ね?
d0020291_236774.jpg

どこへ目線をやっても、鮮やか花たち
d0020291_2375525.jpg

しっとり濡れそぼる梅園も良かった
d0020291_2395491.jpg

青空のもとで見たかったなあ
d0020291_23112085.jpg

わざと夕方遅くに行ったんだけど、園内はとっても混んでいた
d0020291_23114565.jpg

毎年恒例の光のトンネル 3年連続で見ているなー 何度見てもふしぎに楽しくなる
d0020291_23143710.jpg

こんなに可愛らしい電球なんだもの
d0020291_23151718.jpg

暗闇に真っ青な草原が広がる 揺れる水蒸気を何色ものライトで照らす
d0020291_23161666.jpg

カラフルな水蒸気はまるで命をもっているような動きで、じーっと見てしまう
d0020291_2319686.jpg

池のライトアップもきれいだったよ 
手の内はわかっていても、来年も見に来ちゃいそうだよ
d0020291_23203496.jpg

[PR]
# by neoneopiglet | 2010-03-11 22:57 | 季節photo
d0020291_16405832.jpg

ミニチュアダックスのはなは、7才になったよ

あいかわらず、1日おきに1錠・半錠と交互に、リュウマチの薬を飲み続けている
今までは1ヵ月半分の薬をもらいに行ってたのだが、先日の診察で医師が「次は3ヶ月後でイイですよ」って
容態が安定しているからね うんうん♪

でも、ヘルニアの因子を抱えているのも変わらずで、ソレはいつ発症するやもわからない
先日原因がわからず日に2-3度小さく吐くことがあって診察してもらったときに(胃薬を数日飲んだら落ち着いた・・・)、レントゲンを撮ったらやはり骨と骨の間が白く硬化している部分が2か所あった
医師は「ヘルニアは若い子が成りがちなので、7才ならそろそろだいじょうぶかなあ」と言ったけど、腰や背中に負担がかかる運動はさせないように気をつけて日々を送らねば
が、相手はいまいち意志の疎通ができないわんこだからなあ… テンションが上がるとすぐにぴょんぴょんジャンプしたりしてね、心配の種は続くのだ
d0020291_16425167.jpg

秋には太ってきてしまったので、ダイエットとしてえさを少し減らしてたの
そしたら体重がぐんぐん減って、5kgオーバーから4.6kgくらいになって、背骨が浮き出てくるほど痩せてしまって
医師に診せたら、「病気はないですよ、えさの量で食事を決めるのではなくカロリーが足りてるかを確認してください」とのこと
えさの袋を見てみたら、ややカロリーオフの商品だった…
ちゃんとそこ子に合った栄養のえさを与えてあげないとダメだよね
ごめんね、はな
いまはちゃんと考えてえさをやっていて、体重は4.85kgくらい
ちょうどイイ感じだあ

大事にするからね、ずっと一緒にいようね、はな
d0020291_1643374.jpg

[PR]
# by neoneopiglet | 2010-03-04 23:26 | 日々
いまさらながら 2010.2月のいろいろたち ③
d0020291_1773145.jpg

高1からの仲良しHちゃんと、金沢・カニ&温泉・女2人旅の巻

1日目 
名駅からしらさぎの指定席を取り、早速おやつを広げて 
温かいコーヒーとおしゃべりと、のんびりな電車の旅って贅沢だねー
米原を過ぎて北へ向かうほど、山中に雪が見られるようになった
青空に浮かぶ遠く白山連峰が本当にきれい

まずはお初の金沢駅へ 
雪積もる石川県を想像していたが気温は5度以上で日差しは暖かく、雪のかけらもない
ふらっとバスは100円! これで金沢の街中を移動できる
冬になるとテレビのグルメ番組でよく見る、憧れの近江町市場を歩く
日曜なのに思っていたより空いていた
かにの最盛期がもう過ぎているからかなあ
市場を2周ほどして迷って・・・Hちゃんが酢飯が苦手なのでお寿司屋はまた今度ということで、2階の海鮮丼家ひら井に入る
ワタシは海鮮丼、彼女は海鮮天丼 どちらも豪華で山盛りで美味しかった!
d0020291_1711615.jpg

お腹が満ちたら、次は散策 兼六園へ ココも空いていた
せっかくの冬の金沢なのに雪はなし、風情もなし てくてくと散策・・・
そして2人とも行ってみたかった金沢21世紀美術館へ!
『オラファー・エリアソン あなたが出会うとき』の展示はとっても良かった 
理屈は抜きにして、ただただ楽しめた
2010年3月22日までの期間展示だけれども、終わってしまうのは惜しい
みんなにぜひ見てほしかったなー
光や影や色や水蒸気に包まれて、デザインが好きなあの人を想った
不思議に作り出された不思議にきれいなものに感動するワタシに、あんたはわかってない、デザインやアートのなんたるかを…などと、きっとすこし語ってすこしワタシを皮肉り、その反面無邪気な笑顔でめっちゃ夢中になって楽しむんだろうなって
こんな風に心が揺れたからか、先日日常を一緒に過ごすリアルな夢を見たよ
目が覚めたと気づいたときには、やっぱり悲しいきもちになったけど

加賀温泉駅まで移動して、旅館のお迎えの車に乗り、暗くなるころに粟津温泉の喜多八へ到着した
小さいが丁寧に造られた日本庭園に面した10畳のお部屋は、女子2名的には大満足で、空気清浄機を入れてもらって温かくてくつろげた
日曜の夜とあって他の宿泊客は少なそう
到着後、すぐに温泉へ 
露天風呂はベランダ風呂といった程度だったけど、大浴場は広くて満足だよ
しかも貸切だった
この旅館は浴衣を選ばせてくれる ちょっと若すぎるねと笑いつつも、彼女はピンク、ワタシは水色の小花柄を選んだ
d0020291_17183296.jpg

お待ちかねの夕食は、カニづくし~ ゆでカニ、カニ鍋、カニと野菜の天ぷら、カニ茶碗蒸し、カニ炊き込みごはん、カニグラタン!
地の野菜の炊きものやつくだ煮、お刺身盛り、山菜そば・・・
ってか量が多すぎでしょー
カニが大好きな彼女はとっても嬉しそうで、ワタシまでにこにこしちゃう
ゆっくりと時間をかけて、デザートまでぺロリといただいた

小1時間ほどぐったりしてお腹が落ち着いてから、またお風呂へ
今度は15人ほどのお婆と一緒になる
70歳以下はいないと思われるメンバーだったが、誰も黒や紺や白などの浴衣ではなく、可愛らしいピンクや水色や黄色の花柄浴衣を着ているのが微笑ましかった

2日目
朝からお風呂へ 今度はまた貸切だった
部屋に戻ると、各ゲストの朝食時間に合わせて炊きあげたお釜のごはんが待っていた 
ほんとうにつやつやでめちゃめちゃ美味しかったよ
d0020291_17194746.jpg

自分で炙る干物も目の前で煮えるカニのお味噌汁もとろろ汁も半熟卵も漬物も、なんてすてきに白ごはんに合うんだろ~
軽くよそったとはいえ、朝から3杯は食べすぎよね
(体重計に乗ったら、夕食後はプラス1キロ→目覚め後はマイナス0.7キロでちょっと安心→帰宅後は結局プラス0.5キロだった ははー)
d0020291_17243615.jpg

小雨が降るしっとりした粟津温泉街を散策した 小さな町だった
すぐ山があって、白山神社、大王寺、おっしょべ公園を歩いた
喜多八に戻りサービスのコーヒーを飲んでから、また加賀温泉駅まで送ってもらう
駅の隣の加賀友禅の店はなやには、ちりめんの雑貨の種類が多くて意外に長居した
手ぬぐいやハンカチも揃い、伝統の和柄が今風にデザインされてオススメ
駅のすぐ横にある大きなスーパーでお魚コーナーや物産コーナーをひやかして、お土産を買った

今回の旅はカニ&お部屋食&温泉というのが彼女のリクエストで、期待以上に満たされたワタシたちはいたく御機嫌で帰宅できた
彼女とワタシのマイペースさと好奇心では、あれこれ計画的に詰め込むより、かなりの余裕と思いつきの行動ができるようなのんびり旅行が合うよねえ
Hちゃん、また一緒に旅しようねー

少ないけど、旅の画像はPicasaでup
  ↓
  ★ 2010.2月 金沢・粟津温泉の旅 ★
[PR]
# by neoneopiglet | 2010-03-03 23:17 | 季節photo
いまさらながら 2010.2月のいろいろたち ②
d0020291_1445367.jpg

空気はまだまだ冷たいけど、お日さまの当たるお庭は暖かいよ
あの草の向こうになにか動く子がいる気がする!って気になるはな
d0020291_1463261.jpg

ふたがかぶせてあるよ アスパラガスの芽が出ていたらかじりたいけどー
d0020291_148583.jpg

ムスカリが満開だね パフスリーブみたいにちーさくてかわいい花
d0020291_151797.jpg

お隣の空地には真っ白の水仙が満開だ
d0020291_1521963.jpg

遊んだ後はくーくーお昼寝するの
d0020291_1494295.jpg


チャンダニへカレーを食べに行った
本格インドのカレーとお惣菜が食べられるし、メニューも多い
以前は大人のゲストが多い店だったけど、数年ぶりに顔を出したらファミリーが増えていた お得なランチのせいだろうか
d0020291_2212686.jpg

チキンカレーはスパイスが控えめで食べやすい 
ナンはふっくらもちもち、大きいよ
エビのカレーはスパイスがしっかり効いて、ひとことでは言い表せないほど複雑な味だけど、おいしいの!
ほんのり塩味のグリーンピース入りごはんは、アーモンドスライスを散らしてあって コレ、大好きなのー
d0020291_2215378.jpg


→Pia-no-jaC← ピアノジャックのライブに行った
秋にビレバンでアルバム風神雷神がヘビロテでかかっていて、衝撃を受けたのが出会い
このアーティストのことをよく知らないのに買うなんて!と思いつつ衝動買いして以来、アルバム全てをそろえて聴いて、もう大好きになった
クリスマスイブにセントレアで行われていたZIP-FMの公開生放送で初めて生演奏を観て、お正月に京都の新風館でもライブを楽しみ、先日は栄のアップルストアでぎゅうぎゅうの人の中でインストアライブを楽しんだ
で、今回のライブ
d0020291_242293.jpg

会場は栄の洋食屋むらいだったが、ゴハンは・・・まずくはないけど、んー・・・だった
チケット代のうち、ゴハンが10%・フリードリンクが10%・快適な場所代が10%・60分近いライブが70%って感じだった
d0020291_255386.jpg

ゴハンしてから、HAYATOさんとHIROさんが登場して演奏が始まった
台風で始まった演奏、音が耳に届いた一瞬でもう心は奪われていた
だってこの曲はひと目惚れ・ひと耳惚れした心に刻みこまれた1曲だったから
ライブってCDで聞くのとは全然違う 
生身の人間が奏でる、ワタシに直に聴こえてくる音と息遣い
blue moonで、うっとりどころか涙がこぼれるほど 全身にPJが染みこんでくる
ボレロ、爆発なダイナマイト、タイムリミット、ディズニーのエレクトロニカルパレード、ラストは春・・・
約20名のゲストは、コレでもかというくらいゴキゲンさんだった
全員がリクエストカードを書いて、カホンに入れて(!)穴からくじ引きで曲を決めるというスタイル
ワタシのリクエスト、ボサノバ調の運命は生で聴けなかった いつか聴けるといいなあ
心を優しく揺さぶるクラシックの旋律と、激しく‘ロックしようぜ’の魂がこもった汗が飛び散る演奏と、まるで芸人のノリのようなその場の全員が思わずくすっとしちゃうトーク ほんと楽しい
HAYATOさんとの距離は3m弱、(ピアノに触れそうな席に座りたかった!)切ない旋律はより切なく、頭の芯に響く低音はより響き、まるで民族音楽を演奏するかのように体全体でイスを蹴飛ばし立ち上がりしゃがみこみピアノを叩く演奏に引き込まれる
あの左手の鍵盤を叩く力強さったら!
翌日も頭にはくるくるとメロディーが流れまくって、カホンの心地よいリズミカルな旋律が響いて離れなかったよ
次回は4月11日のクアトロワンマンライブだー あぁ!待ち遠しい♪
[PR]
# by neoneopiglet | 2010-03-02 22:43 | 季節photo